読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

薫香のカナピウム (文春文庫)

薫香のカナピウム (文春文庫)

薫香のカナピウム (文春文庫)

作家
上田早夕里
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-04
ISBN
9784167911386
amazonで購入する Kindle版を購入する

薫香のカナピウム (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さつき

帯の言葉から、もう少し恋愛色が濃いファンタジーなのかと思いましたが、独特な世界観のSFでした。オーシャンクロニクルとは違う未来の姿なんでしょうね。主人公の〈少女〉愛琉の名前が、知り合いの小学生男子と一緒で、どうにもしっくりこなかったです。でも物語が進むにつれて〈少女〉たちの名前が、女子よりではあるけれど、中性っぽい響きになっている理由もわかりました。それぞれの道に分かれた人々が、この後どのような進化を遂げていくのか。続きを読んでみたいです。

2018/10/08

akio

鬱蒼とした熱帯雨林で暮らす少女の物語。ファンタジーかな、と思ったら上田作品、やはりSFでした。廻り合わせによる住み分けとか、鞘で産む?誰が?など、その世界観は独特で練り込まれています。正直、驚いてばかりでした。本作だけで良い纏まりですが、連作の始まりであって欲しいなと思います。ナウシカ(漫画版)好きな方にオススメです。

2019/05/09

まめ

熱帯雨林で仲間と共に暮らす主人公の愛琉。森に成る果実を食べ、足りない物は物々交換で手に入れ、ときにはほかの部族と共生・衝突する。「おお、ロマン溢れる冒険譚」と思いきや、そこは上田さん。徐々にSF要素が顔を出してくる。個人的には後半が駆け足気味で消化不良だったので、前後編に分けてもう少し密度の高い仕上がりにしてほしかったなぁと思う。こんなに魅力的な設定であれば分けても薄まらないだろう。森と生き物の濃密な匂いが感じられる作品。彼女たちの未来が明るいことを願う。

2019/03/22

NAOAMI

未来の地球。熱帯雨林、木々の上(林冠)で暮らす部族の物語。特殊な仕来たり不思議な暮らしぶりが興味深い。雌雄逆転、両性具有?読者の固定観念が覆される。木々を跳びまわる移動手段の描写が臨場感。一方、一発勝負のお見合いのような出会いと心の揺れも。神立場のラクササが創造主として彼らの暮らしに恣意的な変化をもたらす。幸せな生活が一転、急展開して、多くの謎が解明され部族はある選択を迫られる。テンポ良すぎて描写が薄く物足りない。2倍量で読みたいスケール。太古の昔だった?と思わせるラスト、少女の未来への視線かイイだけに。

2018/12/05

ぐっちー

上田さんのファンタジーかと思いましたら、ちゃんとSFしていました。この世界の濃密な森林の空気とか、ユートピアなのかディストピアなのか最早分からない感じとかとても好みでした。それ故に一冊に押し込むのが大変勿体ない。鷹風とオーキッドと愛琉の歪でちょっと悲しい関係性をもっと見ていたかった。解説の池澤さんもおっしゃる通り、フォレストクロニクルとしてシリーズ化して欲しい。

2018/09/23

感想・レビューをもっと見る