読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしのグランパ (文春文庫)

わたしのグランパ (文春文庫)

わたしのグランパ (文春文庫)

作家
筒井康隆
出版社
文藝春秋
発売日
2018-10-06
ISBN
9784167911591
amazonで購入する Kindle版を購入する

わたしのグランパ (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ehirano1

#ハードボイルドグランパ。#とにかくテンポがイイ!#本書を一言で表すなら “粋”。#「引っ越しのセカイ」←このセンスに感服www。#老人は皆そうだが、死ぬまでに何かやっておきたい。#どういう死に方をするかじゃなく、死ぬまでに何ができるってことだ。#解説で暴露された筒井御大がカワイイ。

2020/02/16

佐島楓

久しぶりに、筒井さんのいい小説を読んだな、としみじみ思った。グランパへの距離感が、最後の最後まで絶妙である。この御老人には、ほんとうはどんな過去があったのだろう。男気というものが存在するのなら、それはかれのためにある言葉なのである。

2018/10/12

HANA

少女の生活に突如として現れた刑務所帰りのグランパ。少女の生活は少しづつ変化していき…。筒井康隆のジュブナイルを読むのは『時をかける少女』以来という事で期待しつつ読む。面白かったのは面白かったんだけど、全体的に短いせいか消化不良の部分が目立つような。淡々と進むから余計にそう感じたのか。孫の視点から物語が進むため、グランパの凄みが伝わりにくいよな。事態の背後で彼が動いているのはわかるのだが、物事が終わった時点で判明するため話の動きが分かりづらいというか。自分にとって筒井作品は、毒が含まれている方が好きだなあ。

2018/10/30

TSUBASA

父の日記に書かれていた「父は囹圄の人であり」という祖父に関する記述を見た珠子。家族がひた隠しにしていた祖父が15年ぶりに帰ってきた。珠子はヤクザや不良相手に怖気付くことなく問題を解決する祖父を信頼するようになる。大人になった今では毒っ気の無さに物足りなさを感じもしたが、10代の頃に出会ってたら大好きになってたかも知れない。作中で哲学講義をしちゃったり、文字が消えていく世界を描いちゃったり、1ページ1分の作品を創っちゃう人が、こういうドストレートなジュブナイル物も書いちゃうんだから御大の底知れなさがわかる。

2018/11/17

ひなきち

良きかな…善きかな…(*^^*)生き様がカッコいいグランパ。そして確実にその血筋をひいてる孫娘の珠子ちゃん。やりとりが微笑ましすぎる!筒井康隆作品の醍醐味である、俯瞰する文章も好きだ。(冷静すぎて、なぜか笑ってしまう箇所が必ずあるのだ)。そして…グランマの気持ちにもいたく共感した。素朴だけど、読後には心がじんわり暖まる優しい小説だった。

2018/11/12

感想・レビューをもっと見る