読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳 (文春文庫)

池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳 (文春文庫)

池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳 (文春文庫)

作家
池波正太郎
逢坂剛
上田秀人
梶 よう子
風野 真知雄
門井慶喜
土橋章宏
諸田玲子
出版社
文藝春秋
発売日
2018-10-06
ISBN
9784167911607
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

永遠のヒーロー「鬼平」再来! 人気作家7名が、伝説の男に新たなる命を吹き込みます。

池波正太郎が長谷川平蔵を主人にした短篇小説「浅草・御厨河岸」を書いたのは、昭和42(1967)年のこと。
オール讀物12月号に掲載されたその短篇は大きな反響を呼び、「鬼平犯科帳」としての連載が始まりました。
「鬼平」誕生50周年を迎えた2017年。この記念すべき年に、7人の作家が「鬼平」へ新たな命を吹き込みます。

逢坂剛は「逢坂・平蔵シリーズ」の特別版、上田秀人は武家という官僚社会で生きる平蔵の立場を、諸田玲子は妖盗・葵小僧と鬼平の再対決、風野真知雄は人気シリーズ「耳袋秘帖」鬼平版。
門井慶喜が木村忠吾の食欲の夏を描けば、土橋章宏は平蔵と料理人の味対決、梶よう子は史実の長谷川平蔵に迫ります。これらの短篇に加え、池波正太郎が自らベスト5に選んだ鬼平作品の中から「瓶割り小僧」を特別収録。

各作品に池波正太郎のカット画を使用した、豪華な競作短編集をお楽しみください。

池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アリス

池波正太郎と七人の作家。長谷川平蔵をいろんな視点から描いている。作中に出てくる〈鈴木越後〉の羊羮が気になり検索したり逢坂剛の父親が「鬼平犯科帳」の挿絵を描いていたとか本文と離れた事でほぉ~と思わされた。締めは池波正太郎の鬼平でばっちり決めてくれる!

2019/01/19

なななな

「鬼平」は、世界観も人物設定も充分にできているため、各作家先生も実力の発揮のしがいがあったのではないでしょうか。企画物は原作と比べてどうなるかドキドキで読むことも多いのですが、この本の場合は少々のことが起きても崩れない世界観のため、読者側も余裕をもって楽しく読める気がします。変化球も楽しく読めました。

2018/10/26

tamako_black

長谷川平蔵好きとして手に取った一冊。鬼平死後の話や、史実を物語として知れてよかったけど、やっぱり鬼平は池波正太郎の鬼平が落ち着くな、とも思った。

2019/01/02

タツ フカガワ

人気シリーズの鬼平を7人の作家が書くアンソロジー。お馴染みのキャラクターをみなさんどう描き分けるか。印象的だったのは諸田玲子「最後の女」と梶よう子「石灯籠」。しかし最後に掲載される本家の「瓶割り小僧」を読むと、やっぱりこれだろう、とむさぼり読んでいたころを思い出しました。それにしてもこの企画、他でも出来ないものだろうか。

2018/10/18

keisuke

門井慶喜目当て。鬼平を読んだことあればもっと楽しめるんやろうけど、初。池波正太郎ってこういう文章なんか。

2018/12/12

感想・レビューをもっと見る