読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アンソロジー 捨てる (文春文庫)

アンソロジー 捨てる (文春文庫)

アンソロジー 捨てる (文春文庫)

作家
大崎梢
近藤史恵
篠田真由美
柴田よしき
永嶋恵美
新津きよみ
福田和代
松村 比呂美
光原百合
出版社
文藝春秋
発売日
2018-10-06
ISBN
9784167911614
amazonで購入する Kindle版を購入する

アンソロジー 捨てる (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓@執筆中

アミの会(仮)と雨の会を知れたことが一番の収穫。

2018/10/18

ピロ麻呂

「捨てる」をテーマにしたアンソロジー短編集☆ホラーからミステリーまで色々楽しめます(^^)捨てた人形が何度も勝手に帰ってくるの「戻る人形」は怖かった(T_T)僕は基本的に捨てない派。使わないものがたまって置き場に困るんやよね~

2018/10/09

くろにゃんこ

どの作品も魅力的でドキドキしながら読めました。アミの会のアンソロジーは最強だな~!!・・・で登録しようとしたらすでに単行本で既読でした(*_*)何度でもまっさらな状態で読める私(笑)

2019/06/23

Kei

「捨てる」というだけでいろんなストーリーがあって面白かった。長嶋恵美さんの「ババ抜き」から後半はちょっとゾッとする系のお話が続くけどこれがまた面白い。

2018/11/17

小夜風

【所蔵】9人の女性作家による競作。アンソロジーはどうしても中に合わない作品も入っているものですが、この本は全部面白くて自分的には大当たりでした。他のアンソロで見かけた方もいるかもしれませんが、光原百合さん以外はほぼ初読み作家さん。「捨てる」というテーマでこんなに楽しめるなんて、予想外でした。遺品整理で拳銃が出てきたり、訳の判らないものが出てきたり、「捨てる」って意外と大変そう。怖い系の話も大好きだし、テーマはひとつなのに、最後まで飽きさせない贅沢なアンソロでした。「アミの会(仮)」の本、また読みたいです。

2018/11/17

感想・レビューをもっと見る