読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミスター・メルセデス 下 (文春文庫)

ミスター・メルセデス 下 (文春文庫)

ミスター・メルセデス 下 (文春文庫)

作家
Stephen King
スティーヴン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2018-11-09
ISBN
9784167911843
amazonで購入する Kindle版を購入する

ミスター・メルセデス 下 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ホリーの年齢を聞いてビックリ!!なんと45歳だったとはwww なのに十代に見えるって!!!本書はミステリーにカテゴライズされているけれど多分違うと思う。トリックはないし、きっと犯罪小説だよね。と考える。本書の一番のミステリーはホリーが45歳なのに10代に見えるってことかな?wwwホリーの第一声(と、思われる)が夕食の注文で「ちーじゅるはんばがるる」の「うぅるばん」には苦笑した。ホリーは「チーズバーガーをウェルダン」で注文したつもりなのだが周りにはそう聞こえなかったらしい。

2021/09/17

nuit

おもしろかった〜。昨今流行りの頭脳明晰サイコパスとは違い、小物感漂うサイコパスがこれまたリアル感がある。そして、ん?これ重要?となりがちでもあるが、キングだからこそのこれでもかと言わんばかりの手を抜かない細かな説明もなんのその、登場する人物は全て魅力的。下巻は一気にラストまで読ませられました。上巻からそれだけはやめてよね…とハラハラしていたジェロームの愛犬には被害が及ばなくて本当に良かったよ〜。

2019/01/29

HANA

上巻に続き下巻も圧倒的なリーダビリティで一気読み。上巻の最後で用意されたものがそう来るか。という意外な展開から、一歩一歩迫る刑事と犯人の逆襲。そして次の事件を起こすべく行動を始める犯人とそれを止める刑事の奮闘と、気が付けば目を離す事が出来ず読み終えてしまった。犯人側が天才的犯罪者じゃなく色々行き当たりばったりだったりミスをするのも、物語の盛り上げに一役買っているし。特に最後の部分の手に汗を握る緊張感と言ったら…。あの登場人物をここに巻き込むか、と手練れの著者による盛り上げ方を体現したような出来栄えでした。

2020/02/28

キムチ27

巻頭のホッジズの姿⇒事をなし終えての彼。精神力のアウファーベン(古い言い方)が見事。当所、うんざりした上下の厚みなぞ、ぶっ飛んだ。闇を持っている人間がいるんだと呟く彼、犯人が「その場所へ」乗り込んで行く時点での高揚感・・賞を貰うだけある構成力は見事。思った通り、ラストで花を飾る天才少年と痛かった彼女。キングの作品はカオスの中から次なる世界へ移る際の何かしらの輝き?希望?を感じさせるものが有るから、次作を読みたくなる☆彡

2021/08/12

キムトモ

出だしの無差別轢き殺し事件と最後の自爆大量殺人事件の描写展開は読み応えあり。途中ダレ気味と思えたところも地味な布石の連続だったんでしたね…が感想。ちょっと間抜けっぽいサイコな犯人の描写も秋葉原を車で暴走した輩もこんな奴だったんじゃねーのって思ってしまったからリアリティあるキャラなんだなぁ〜〜と御大の筆力に脱帽…(ノ-_-)ノ~┻━┻ブレイディが目覚めたようです🤦‍♂️

2019/03/06

感想・レビューをもっと見る