読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔女の封印 下 (文春文庫)

魔女の封印 下 (文春文庫)

魔女の封印 下 (文春文庫)

作家
大沢在昌
出版社
文藝春秋
発売日
2018-12-04
ISBN
9784167911874
amazonで購入する

魔女の封印 下 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はつばあば

「女と言う者は自分の欲望に周りを巻き込み、他人のせいにして反省をしない」うんうん、そういう事あると肯く私。政府のお偉方の保身には虫唾が走るけど、結局捕食者と言う女達の痴話げんかに中国と日本が巻き込まれたに過ぎない。女の敵は女。明日京の都大路で女の戦いが始まる。これは毎年楽しみにしているのだが・・水原さん自身女の友人はできにくいのではないかと。大沢さんには男達の間で生きる方が楽だという面が私達女から透けて見えるのだろうか。弱そうに見えて強かな女。水原にはその要素が無い。無くても人の心が読めるのだもの強者だ

2019/01/12

みー

魔女シリーズ。今回はちょっと進み方がくどいような。 前回までとは少しテイストが違う。だいぶSFよりでした。 とりあえず続きがあれば読みたいとは思います。

2020/12/09

読み途中、下巻、意外と話がサクサク進む。話の筋もあまり広がらないので、追いやすい。(もう少し広げても良さそうとも思いましたが…。評価の分かれるところです。)まだ下巻半分、おそらく最後になんらかのサプライズ展開があるのだろう、

2018/12/27

terukravitz

★★★☆☆

2020/11/26

まさ☆( ^ω^ )♬

上下巻一気に読んでしまうほどの面白さでした。ただ、本作はSFの要素が強くて、前2作とはだいぶテイストが変わって来たなあ、と思いました。ハリウッド映画になりそうな世界観ですね。

2020/11/08

感想・レビューをもっと見る