読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

君がいない夜のごはん (文春文庫)

君がいない夜のごはん (文春文庫)

君がいない夜のごはん (文春文庫)

作家
穂村弘
出版社
文藝春秋
発売日
2019-02-08
ISBN
9784167912291
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

電車の中で読んではいけない絶品エッセイ集
料理が出来ず味オンチと自覚する穂村さんが日常で見出した「食べ物」に関する六十編。深くて笑えて思い当たる。傑作エッセイ集。

君がいない夜のごはん (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふう

穂村氏は歌人で絵本も書いていると紹介欄にありましたが、申し訳ないことにエッセイしか読んだことがありません。そのエッセイがおもしろくて、穂村氏の人の好さ、ユニークさに癒されます。年が10歳くらいしか違わないせいか、出てくる食べ物の名前や思い出に「同じ。わかる。」と共感するものがたくさんありました。『伸びしろ』なんて全くその通り。まあ、こんな「食」をよく料理に関する本に連載していたなと、出版社側と穂村氏の大胆さに感心し、でも、こういう人がいてくれてこそ「食」も人生も楽しいとまた感心しました。やさしい人ですね。

2019/07/06

佐島楓@勉強中

味覚はひとと共有できる感覚ではないんだな、という当たり前のことを意識させていただいた。夜中に読み始めて数十分で読み切ってしまったよ。

2019/02/16

ばう

★★★ダイエットしなきゃと思いながらも菓子パンを食べ続ける穂村さんの「食」について感じるあれこれが書かれたエッセイです。パスタ(スパゲティじゃない)の種類豊富な名前との戦い、馴染めない生ハムメロン、甘い麦茶の思い出、料理を「カッコいいかカッコ悪いか」で判断する若者とのギャップなどなど。レストランのメニューを眺めながら宇宙人を想像するほむほむの脳内はやっぱり魅力的です。食堂車の話が良かった。今流行りのグルメ列車じゃない、昔ながらの食堂車は私も懐かしいです。

2019/03/20

Kazuko Ohta

ネタのジャンルを限定しない、何でもありの穂村さんも面白いけれど、食に絞ったネタもまた楽しい。酔っぱらいの考え、理解できないですよねぇ。酔っぱらいの私にも理解不能です。しらふで酔っぱらいにつきあってくれる人にはホントに毎度どうもすみません。「混ぜ」の問題に関しては、どうも私は穂村さんと同じ。気合いが欠如していてこれまたすみません。『絶叫委員会』でアホほど笑ったから、他の作品も同程度の笑いを期待してしまっています。そう考えると笑い控えめだけど、間違いなく楽しい。電車の中で読むとやっぱり怪しい人になりそうです。

2019/03/01

kurousako

ドーナツのD-ポップがださいとか、チェルシーのヨーグルト味がださいとか言う人がいるなんて。全然意味が分からない。そもそも食べ物がださいって何??そして好きだったのに「ださい」と言われたから食べなくなったって(笑)むしろそっちの方がださい気もするのだけど(^^;)「ださかろうがなんだろうが、好きなものは好きだ!」と言ってやりゃあいいのに。穂村さん、世間知らずのお坊ちゃんみたいな人だなぁと思ったけど、私よりもだいぶ年上なのね。

2019/04/05

感想・レビューをもっと見る