読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

食べる私 (文春文庫)

食べる私 (文春文庫)

食べる私 (文春文庫)

作家
平松洋子
出版社
文藝春秋
発売日
2019-04-10
ISBN
9784167912635
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

食について語れば、人物の核心が見えてくる。樹木希林、ギャル曽根、宇能鴻一郎に堀江貴文らが語る、豊穣なる食べ物の話には、人生も文化も家族もある。小説のような対話集。

「おいしいものは無駄」(デーブ・スペクター)、「レシピは、人格が出る」(土井善晴)、「山に登るときは、わさびと海苔がマスト」(田部井淳子)。女優、作家、スポーツ選手、経営者ら各界で活躍する29人が、思い出の味や好きなメニュー、さらには食にまつわる幸福と孤独の原点について、誠実にありのままに語る。

【本書に登場する面々】
デーブ・スペクター/林家正蔵/ハルノ宵子/黒田征太郎/ヤン ヨンヒ/伊藤比呂美/ギャル曽根/美木良介/土井善晴/辻芳樹/松井今朝子/安藤優子/ジェーン・スー/渡部建/光浦靖子/堀江貴文/大宮エリー/高橋尚子/吉田秀彦/高橋大輔/田部井淳子/山崎直子/畑正憲/小泉武夫/服部文祥/宇能鴻一郎/篠田桃紅/金子兜太/樹木希林

解説・岩下尚史

食べる私 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

naotan

対話相手の豪華さに引けも取らず、話を聞き出しまとめ上げる手腕に舌を巻いた。料理が苦手で家事が苦痛な人にとっては、救いになる一冊かもしれない。

2019/05/07

ごいんきょ

食にまつわるインタビュー

2019/09/25

ふじこ

〈いろんな記憶がつきまとうからこそ、食べものは忘れられないものになるのだと思います〉エッセイストの平松洋子さんが29人と「食」について語り合った対話集。綺麗に食べる大食いギャル曽根さん、料理家のサラブレッド土井善晴さん、宇宙食を通して「作りたて」の尊さに気付いた山崎直子さんなど興味深い話ばかり。特に印象に残ったのは刑務所生活で30キロも体重が減った堀江貴文さんの話。仕事中とは一変して食べものの話になると急に子どもっぽくなる、不思議な魅力を持った人だなあと感じました。ああ、お腹すいてきた。

2019/05/15

takakomama

スポーツ選手やキャスター、作家、料理研究家、料理学校校長など食にまつわる対談相手が豪華! それぞれのこだわりも強く、自炊してる人も多いし、舌が肥えてる人がジャンフードが好きだったりする意外な一面も垣間見られます。 食物を語る時には、数々の思い出も蘇ってきますね。

2019/09/27

kuukazoo

エッセイストとしての平松洋子氏は好きじゃないが、この対談集のラインナップの豪華さには抗えず。普段食べるもの、食の思い出やスタンス、家族のことなど、どれも一人一人の根っこを感じさせる話で、とても興味深い。食はそのまま生き方や死生観を映し出す。胃袋の強靭な人がある意味羨ましい。サバイバル登山の服部文祥やムツゴロウさん畑正憲の話とか読むと、わたしなんて真っ先に淘汰される個体と思う。ヤンヨンヒの語る北朝鮮に息子3人を帰国させた両親の話は痛ましく、高橋大輔ってフィギュアスケーターだけじゃなかったんだと初めて知った。

2019/04/30

感想・レビューをもっと見る