読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち (文春文庫)

フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち (文春文庫)

フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち (文春文庫)

作家
Michael Lewis
マイケル・ルイス
渡会圭子
東江一紀
出版社
文藝春秋
発売日
2019-08-06
ISBN
9784167913403
amazonで購入する Kindle版を購入する

フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAT

ひかえめに言って「クソったれ!」だ。この本は、ウォール街ぐるみの詐欺のお話。そして、現在も進行中。凡人の頭脳では理解不能なほどに、システムを複雑にして、スピード勝負の勝率100%のギャンブルで荒稼ぎをする。“内部の人間がシステムからわずかでも利益を得ている限り、たとえシステムがどんなに腐敗して悪辣なものになろうと、内部変化を求める人間は現れない”(P135)。市場の公正さを取り戻すために立ち上がった、ブラッド・カツヤマのような人物が、ウォール街にまだ残っていたことが、せめてもの救いだった。IEXに幸あれ!

2020/10/04

紙魚

度重なるルール変更の末に、プログラマの遊び場になってしまった金融市場に再び秩序と信頼を取り戻そうとする金融屋たちの物語。超高速のイカサマ野郎達よりも、顧客を3人殺して一人前な金融業界のエゲツナサにうへぇとなる

2020/09/23

郵便屋

SBI証券の報道があったので。いま問題になるのはいろいろと遅くない?

2019/11/23

Vincent

株式市場の急速な電子化で台頭してきた超高速取引業者たちの大掛かりな詐欺の内幕を暴露してベストセラーになった経済ノンフィクションです。正義のチームが詐欺集団フラッシュ・ボーイズたちの野望をくじくという物語仕立てのスタイルですが超高速取引の暗部の核心に迫る描写が少なすぎてあまり共感できなかったですね

2019/08/25

てっちゃん

超高速取引業者の存在を初めて知った。内容は理解できない部分もあったけれど、株式市場はとんでもない状況になっているんだね。

2019/08/24

感想・レビューをもっと見る