読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京ワイン会ピープル (文春文庫)

東京ワイン会ピープル (文春文庫)

東京ワイン会ピープル (文春文庫)

作家
樹林伸
出版社
文藝春秋
発売日
2019-09-03
ISBN
9784167913533
amazonで購入する Kindle版を購入する

東京ワイン会ピープル (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。樹林 伸およびワイン小説、初読です。面白くなくはないですが、似非セレブ的なワイン会が鼻につきます。IT成金等が日本経済を牽引しているんでしょうが・・・ 本書で登場するワインで呑んだことがあるのは、ヴーヴ・クリコのみでした🍷🍷🍷

2019/11/22

おしゃべりメガネ

タイトルにあるとおり、きっとワイン好きなら楽しみ方がガラリと変わる一冊なのかなと。ワインのコトを色々と知れたらなと思い、手にとりましたがちょっと思ってた内容とは違ったかなと。ワインの描写は申し分ないのですが、登場人物達がちょっと薄っぺらくて小説としては、残念な仕上がりに。とにかく主人公「紫野」がイマイチのキャラで、最後まで違和感しか残らず。ワイン会のメンバー達も、ちょっとハンパなキャラ設定で馴染めず。やっぱりワインを扱った作品は、大人しく?村山龍先生の作品を読んでおくのが間違いないのかなと思いました。

2021/11/17

黒胡麻プリン

色々突っ込みたいところはあれど、さらっと読む暇潰しには悪くないかな。後に残る感想としては、「丸々としたフォアグラのソテーに貴腐合わせたい」の一点のみ。弊社取り扱いの私の大好きなワインが序盤で「悪くなかった」と咬ませ犬的扱いでちょろっと登場してた(笑)

2019/11/10

なな

ワインに纏わる蘊蓄よりも人間模様に興味を持ちました。人を知る、興味を持つ、好きになることは回数じゃないのはよくわかります。最終的に明かされる女性の秘密や過去がわりと重めでしたが、楽しめました。ワインには全く知識がないので、カタカナが読みにくく理解するのに苦労しましたが、ワインに出会った時に紫野が表現するイメージは素敵だなと感じました。

2020/01/31

くみ

私もワイン初心者で教室に通っています。習ったかもという知識が文中に出て来て、勉強になります。

2020/03/01

感想・レビューをもっと見る