読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京ワイン会ピープル (文春文庫)

東京ワイン会ピープル (文春文庫)

東京ワイン会ピープル (文春文庫)

作家
樹林伸
出版社
文藝春秋
発売日
2019-09-03
ISBN
9784167913533
amazonで購入する Kindle版を購入する

東京ワイン会ピープル (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

図書館の新刊コーナーで見つけて読みました。樹林 伸およびワイン小説、初読です。面白くなくはないですが、似非セレブ的なワイン会が鼻につきます。IT成金等が日本経済を牽引しているんでしょうが・・・ 本書で登場するワインで呑んだことがあるのは、ヴーヴ・クリコのみでした🍷🍷🍷

2019/11/22

_____

色々突っ込みたいところはあれど、さらっと読む暇潰しには悪くないかな。後に残る感想としては、「丸々としたフォアグラのソテーに貴腐合わせたい」の一点のみ。弊社取り扱いの私の大好きなワインが序盤で「悪くなかった」と咬ませ犬的扱いでちょろっと登場してた(笑)

2019/11/10

なな

ワインに纏わる蘊蓄よりも人間模様に興味を持ちました。人を知る、興味を持つ、好きになることは回数じゃないのはよくわかります。最終的に明かされる女性の秘密や過去がわりと重めでしたが、楽しめました。ワインには全く知識がないので、カタカナが読みにくく理解するのに苦労しましたが、ワインに出会った時に紫野が表現するイメージは素敵だなと感じました。

2020/01/31

くみ

私もワイン初心者で教室に通っています。習ったかもという知識が文中に出て来て、勉強になります。

2020/03/01

む~とん♪

先日、この本の存在を思い出し購入を考えていたら、本屋に文庫で開かれていたので購入。作者らしいワインの語りは正直さっぱりわかりませんが、美味しいワインを飲むと語りたくなるのは確かです。ワイン会と一言で言ってるけど、いろんな目的の会があり、それぞれに楽しさ・怪しさがあるもの。でも、TSUBAKIの会は本当に素敵そう。いつか参加したいものです。そんな訳で、今夜はちょっといいワインを開けて飲もうっと♪

2019/09/18

感想・レビューをもっと見る