読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

闇の平蔵 (文春文庫)

闇の平蔵 (文春文庫)

闇の平蔵 (文春文庫)

作家
逢坂剛
出版社
文藝春秋
発売日
2019-10-09
ISBN
9784167913632
amazonで購入する Kindle版を購入する

闇の平蔵 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

この巻に初登場の可久と云う姉御、使われるだけじゃない所謂自立した手先、出来る女だ。顔を晒さない平蔵と云う仕掛けを以て筋の読み合いに使って来たが、ここにきて可久と云う一見したところの不確定要素を放り込むことによって読者の意表を突こうかと云うところか、そうは云っても癖のある姉御の個性が魅力的で物語が面白味を増したことは確かだ。

2020/04/27

HMax

「女子を盾にするようなやつに、仁義などいらぬことよ」、後先になりましたが、鬼平が大活躍の「闇の平蔵」。途中、すっかり平蔵の術中にはまり、何度も騙されてしまいました。お可久が仁兵衛の手先になった経緯は大したことありませんでしたが、3話も活躍で大満足。どうして子供に優しいのかは次の「平蔵の母」で明らかになるので楽しみにしてくださいね。

2020/08/11

コブタ

平蔵のセリフ「女子を盾にするようなやつに、仁義などいらぬことよ」が、池波版平蔵とダブってしまった。逢坂剛版平蔵シリーズ面白い。続けて欲しい。

2019/11/19

ワンモアニードユー

まあいつもの逢坂平蔵。が、今回は仁兵衛と可久の掛け合いがほっこりムードを漂わせている。池波平蔵が途絶えても逢坂平蔵があってうれしい。さて、さっぱり読んではいないが、グインサーガもその域に達してるのかな。気にはなってるのだけど。

2020/01/07

ねぎまぐろ

★★

2020/09/10

感想・レビューをもっと見る