読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

プリンセス刑事 生前退位と姫の恋 (文春文庫)

プリンセス刑事 生前退位と姫の恋 (文春文庫)

プリンセス刑事 生前退位と姫の恋 (文春文庫)

作家
喜多喜久
出版社
文藝春秋
発売日
2019-10-09
ISBN
9784167913700
amazonで購入する Kindle版を購入する

プリンセス刑事 生前退位と姫の恋 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

日本各地で起こる連続爆弾テロ事件。それを憂う日奈子と、彼女を見守りつつその気高さに日々心打たれる先輩刑事の芦原が事件解決に挑む第二弾。連続爆弾テロ事件と、そこに見え隠れする隣国エニシの王子の存在。それに女王の生前退位や王位継承権の見直しといった問題も出てきてなかなか興味深い展開でしたが、そんな中での思い切った決断から見えてきた解決の道が、これからの展開にいろいろ影響を及ぼしてくるんですかね。相変わらず尊い日奈子と彼女のために奮闘する芦原のお互いリスペクトするような関係も今後が気になるところではあります。

2019/11/06

ゆきちん

シリーズ第2弾。今回の事件は連続爆破。犠牲者が出る。そして、隣国エミシとの問題。外交や差別など。(エミシってどこ?韓国あたり?と思いながら読んでたらまさかの北海道設定でしたよー)それから、体調を理由に女王の生前退位が話題に上がり、王位継承権を持つ5人のなかで、順序じゃなくて一番ふさわしい姫が女王になるべきと言い出して。…いろんな問題が同時進行で走りながらするする読める本。誰が犯人で、とかはまぁ、予想はつくからそこではなく、キャラとか仮想日本を楽しむ本かな。

2019/10/24

ぽぽ♪

架空の女王統治下の日本で王位継承権五位のプリンセスが刑事となり、今回はテロと闘う事に…コンビの芦原との絆が深まったかな。日奈子の銃の腕前は上がって欲しい様な欲しくない様な、ちょっと複雑な思いでした。

2019/11/26

☆初音☆

シリーズ第2弾。テロ事件を追う日奈子と芦原。その事件にはエミシ王国が絡んでいるのか?また国内では王女の健康問題で生前退位と王位継承について話し合う。日奈子のまっすぐさが良い。黒幕はわかっていたけど、手口がわからなかった。続編も出て欲しいな。

2019/11/23

そのぼん

シリーズ第2弾。タイトル通り、プリンセスである刑事が相棒の男性刑事と活躍するお話でした。連続爆弾テロと、生前退位に関する出来事が描かれていて…。今回はプリンセスだらけだったので、ちょっと混乱しそうでしたが、悪くはない作品でした。3巻がでたらまた読みたいです。

2020/01/03

感想・レビューをもっと見る