読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アンソロジー 隠す (文春文庫)

アンソロジー 隠す (文春文庫)

アンソロジー 隠す (文春文庫)

作家
大崎梢
加納朋子
近藤史恵
篠田真由美
柴田よしき
出版社
文藝春秋
発売日
2019-11-07
ISBN
9784167913892
amazonで購入する Kindle版を購入する

アンソロジー 隠す (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シナモン

図書館本。女性作家による「隠す」をテーマにした短編集。近藤史恵さん目当てで借りた。タイトルは「甘い生活」だが、じわ~っと怖かった。近藤さんの作品は心温まるようなのしか知らなかったのでちょっとびっくり。他には松村比呂美さんの「水彩画」が印象に残った。どの物語にも共通してある隠しアイテムが登場するのも面白い。あとがきで「アミの会(仮)」なる女性作家さんの集まりも初めて知った。いろんな発見があった短編集。第一、第二弾も読んでみたいですね。

2019/12/25

野のこ

「アミの会(仮)」の女性作家さん同士が仲が良くて楽しそうな雰囲気が好き。本編とは関係ないけどあとがきのごはん会や飲み会にまた反応してしまいました(笑)今回のテーマ「隠す」。一度は読んだことのある作家さんが多くて嬉しいと思いつつ時間がなくて、数作しか読めず。本命の近藤史恵さんの『甘い生活』少女の内面のさすが!という描写に引き込めれハラハラしつつ最後はじわじわ怖かった。ドルチェヴィータのボールペンは検索。柴田よしきさんは安定の面白さでした。

2020/02/17

したっぱ店員

ダークからスイートまで、味わい色々とても楽しめる良質なアンソロジー。好きなシリーズの外伝などもあってお得な気持ち。

2019/12/22

花ママ

女性作家さん11名の「アミの会(仮)」のアンソロジー。最近は、ずっと単行本ばかり読んでいたので、久しぶりのアンソロジーが新鮮だった。短い中に余韻を残すもの、ミステリーとして楽しめるものなど、アラカルトで楽しめた。この作家さん同士仲いいんだと思いながら読み進めた。第1弾、2弾も、近いうちに読んでみようかと。

2020/02/29

ピロ麻呂

毎回楽しみなアミの会のアンソロジー☆近藤史恵「甘い生活」、松村比呂美「水彩画」がおもしろかった!全ての短編に共通する「隠しアイテム」分かりました?(^^)

2019/11/12

感想・レビューをもっと見る