読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

運命の絵 (文春文庫)

運命の絵 (文春文庫)

運命の絵 (文春文庫)

作家
中野京子
出版社
文藝春秋
発売日
2020-01-04
ISBN
9784167914318
amazonで購入する Kindle版を購入する

運命の絵 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Syo

「印象派」という言葉は嘲りから生まれた。 モネ、ドガ、ピサロ、ルノワール、スーラ…。 昔、フランスに行った時、現地の日本人ガイドが、僕ならルーブル美術館よりオルセーに行きますってことだったので、印象派の美術館、オルセーへ。 今、兵庫県立美術館でゴッホ展が。再開かって話を昨日、聞いたばかり。 倉敷の大原美術館に初めて行った時、そっか日本にある絵だから教科書に載せやすいのかって思った記憶が…。 絵画っていいよなぁ。

2020/03/14

真朝

私にとって中野京子さんの文章はとても読みやすいです。長々とご高説を説かれるより、数ページで次の作品に移る所も好きです。 表紙にもなってるルノワールの絵の幼子がとても可愛らしく気に入っています。

2020/03/22

おゆみ

知的好奇心をくすぐられる本て大好き。この本も最初から最後まで「へえ〜、へえ〜」と言いながら読みました。美術館行きたくてもいけないので、この本で「中野京子美術館」に行った気になりました。

2020/05/26

takakomama

新シリーズのテーマは「運命」 知ってると思っていた絵画でも、解説を読みながら、細部までじっくり見ると、初めて気づくことも多かったです。 

2020/03/07

belle

美術館は軒並み休館中。「絵」を見たいという欲求。それもドラマティックなものをという欲求が満たされた。運命に扉を叩かれて、次々と中野京子が選んだ作品を鑑賞した。読了後の締めはもちろんベートーベン交響曲第五番。

2020/03/29

感想・レビューをもっと見る