読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミレニアム・レター (文春文庫)

ミレニアム・レター (文春文庫)

ミレニアム・レター (文春文庫)

作家
山田宗樹
出版社
文藝春秋
発売日
2020-03-10
ISBN
9784167914585
amazonで購入する Kindle版を購入する

ミレニアム・レター (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

久々の山田さんは読み逃していた短編集…以前に刊行された単行本を改題し、『代体』の別バージョンの短編を足した文庫版。殆どの作品を読んだ印象では、初期は社会派サスペンスが多く、近年はSFが主流になっていると認識していたが「ホラー系や日常ホノボノ系もイケる!」と違う一面が判った。ジャンルは違えど心情を判り易く表現する筆致は変わらず、読み易く共感できる。特に夫婦の機微を描いた表題作は、青年期の熱情や中年期の惰性に頷きながら、チョッと希望の見える終わり方に山田さんらしい愛情を感じた。今後は短編集も時折書いて欲しい♬

2020/06/26

ホッパー

短編集。ジャンルはバラバラ。最後の「代体」が突出して面白い。

2021/06/04

dr2006

様々な時代背景のドラマ、ミステリー、ホラー、更にSFまで、バラエティーに富んだ短編集。作者による巻末の解説も嬉しい。どれも切れ味が良くて続き(長編)が読みたくなる。中でも、中規模農薬メーカー営業職の苦悩を描く「混入」が面白かった。同社が命運をかけた水田用の農薬「ブラサイト」を使ったある農家が「稲が枯れた!」とクレームを入れてきた。ご立腹強面農家の対応に奔走する新入社員緒方恵子と先輩営業マンの辻を描く。また、同作者の長編「代体」を読んでいたので、巻末の短編「代体」は、スピンオフみたいでなんか得した気分(笑)

2022/08/10

ピロ麻呂

これはいい!ほのぼの系、SF、ホラー、バラエティに富んだ、サクッと読める短編集☆山田宗樹作品は嫌われ松子、百年法など長編も好きだけど、短編も素晴らしいですね!

2020/04/04

なっち

6編からなる短編集。読めば読むほど既視感が…奥付の前のページを見て愕然。単行本『ランチブッフェ』の改題+短編1つだった。読メに登録がないから2013年5月以前に図書館で借りた読んだことになる。この文庫化に際し加筆修正したらしい。『代体』の長編バージョンも読みたいな。

2020/03/16

感想・レビューをもっと見る