読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

くちなし (文春文庫)

くちなし (文春文庫)

くちなし (文春文庫)

作家
彩瀬まる
出版社
文藝春秋
発売日
2020-04-08
ISBN
9784167914714
amazonで購入する Kindle版を購入する

「くちなし (文春文庫)」のおすすめレビュー

不倫解消の代償が「彼の左腕」だったら…? 直木賞候補作がついに文庫化!

本日発売の「文庫本」の内容をいち早く紹介! サイズが小さいので移動などの持ち運びにも便利で、値段も手ごろに入手できるのが文庫本の魅力。読み逃していた“人気作品”を楽しむことができる、貴重なチャンスをお見逃しなく。 《以下のレビューは単行本刊行時(2017年10月)の紹介です》

『くちなし』(彩瀬まる/文藝春秋)

 本書『くちなし』(彩瀬まる/文藝春秋)には7編の短編小説が収録されている。表題作「くちなし」のほか「花虫」「愛のスカート」「けだものたち」「薄布」「山の同窓会」の計6編は、『別冊文藝春秋』(2015年7月号~2017年7月号に収録)が初出で、1編「茄子とゴーヤ」が新たに書き下ろしされた。第158回直木賞候補にもなった本作は、惜しくも受賞は逃したが、不思議で幻想的な設定とその繊細な描写は、読む人に深い印象を残したのではないか。

 彩瀬まるさんは1986年千葉県生まれ。2010年、『花に眩む』で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞して、24歳でデビュー。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『骨を彩る』『桜の下で待っている』『朝が来るま…

2020/4/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

くちなし (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中

死人にくちなしもはやことばもなく、強い香と可憐な花だけを記憶。右腕は愛しいおんなに差しだして左腕はわたしを憎いと泣くおんなにくれてやった。心臓は残しておくべきと妻が嘆くので綺麗な胴体で火葬されてやりましょう。 私たちは人形にしか愛情を注げないし乾涸びた指に根を張る花だけは傷もなく咲かせられる。愛しいといいながら斧をふるい赦すと伝えた頃既に気持ちは無関心に変化している。花のように散るらむ。蛇になってバリバリと喰らうのが愛?いとしい人の血肉になりたい?私の墓には、どうか春になると花を咲かす木をうえてください。

2021/02/19

アッシュ姉

なんだこれは!悪夢か?ホラーか?怪異譚か?幻想ファンタジーか?いや、彩瀬まるの愛の物語だ。短編ごとに違う顔を見せ、時代や舞台もくるくる変わる。おぞましく、恐ろしく、切なく、妖しく、美しい。度肝を抜かれることしばしば。本を読んでて二度見したのは初めて。おそるべし、まるワールド。頭の中をのぞいてみたい作家さん上位に急浮上。全編堪能できたなか、「愛のスカート」と「茄子とゴーヤ」がお気に入り。大人向けと感じたが、高校生直木賞受賞作品とのこと。今どきの若者は凄いと思うと同時になんだか嬉しい。

2021/08/03

sin

自分たちは何かで在りたいと熱望する者達の幻想を介したリアルな絵空事だ※愛は独りよがりでときに肉欲より不純に染まる。※花虫の司るものはホルモンに支配された愛と同じく…※一途で純粋な愛は身勝手で、愛を意図する者は八方美人だ。※男も女もその本性はけだもの、喰らい尽くす究極に憧れる。※身近で遠い家族の愛情、伝えなければ伝わらないのに…※解っている…と云う傲慢では人を理解し得ない。※人は同じで皆違っている。誰とも違ってしまった彼女の生きざまに否はない、その記録は優しく友を語り続ける。

2020/04/15

mayu

昼と夜のように私たちはすれ違う。例えばあなたへの愛ゆえに鳥や蛇に姿を変えたとしたら、あなたは受け入れてくれるのかしら。私は二人幻想の中へ堕ちてゆくことを望むでしょう。想い合う者にしか見えないという美しい花。例えば虫が見せた幻だとしたら、それでもあなたは私と一緒にいてくれるのかしら。私は耽美な夢にいつまでも溺れることを選ぶでしょう。独特の世界観で描かれた短編集。愛することのままならなさすらも美しく思えた。

2020/09/01

エドワード

別れの際に左腕を与えて去る男。くるぶしに美しい花を咲かす男。およそこの世に存在しない奇妙な男女を描きながら、感情だけはリアルで身近。「あの人の身体は、指先まで私のものよ。」「好きだから、私の持っているものは全部あげたの。」川上弘美さんを彷彿とさせる、蛇の出て来る「けだものたち」、産卵する女たち「山の同窓会」。現の世を描く「愛のスカート」「茄子とゴーヤ」の人々の心のふれあいは、異界から戻った私にひとときの癒しを与えてくれる。表紙の絵が秀逸、解説の千早茜さんも的確な人選だ。世代交代は確実に進んでいるね。

2020/04/22

感想・レビューをもっと見る