読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

侠飯6 炎のちょい足し篇 (文春文庫)

侠飯6 炎のちょい足し篇 (文春文庫)

侠飯6 炎のちょい足し篇 (文春文庫)

作家
福澤徹三
出版社
文藝春秋
発売日
2020-04-08
ISBN
9784167914752
amazonで購入する Kindle版を購入する

侠飯6 炎のちょい足し篇 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小梅

シリーズ6作目。親子丼が食べたくなって終わるかと思いきや、最後の最後で牛すじカレーに持っていかれた感じでした。前の作品の登場人物がカメオ出演してるのが、このシリーズの嬉しいところ。

2020/07/03

ナイスネイチャ

今度はひきこもり厚生施設が舞台。目的も結末も見えてますが、それはそれで面白い。料理とタイムリーな社会問題をうまくまとめて楽しめました。

2020/04/30

H!deking

大好物なシリーズ第六弾。今回もサクッと読めてしっかり美味しそうでストーリーも面白かった!帰ったらなんか作ってみよ♪

2020/08/03

ジュール リブレ

牛すじカレーがラストに出てきて美味しそうでした。ストーリーは、冒頭から見えていて設定だけが異なる水戸黄門状態ですが、安心して美味しく、お手頃に楽しめる。そんなお話を堪能させていただきました。

2021/03/06

ゆみねこ

シリーズ第6弾。ひきこもりの人たちの自立支援施設、しかしその実態は?柳刃・火野のコワモテコンビがいつも通りの美味しい料理で事件を解決。簡単で美味しい料理、侠飯のレシピ集が出たら欲しい‼面白かったです♪

2021/09/16

感想・レビューをもっと見る