読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

注文の多い料理小説集 (文春文庫)

注文の多い料理小説集 (文春文庫)

注文の多い料理小説集 (文春文庫)

作家
柚木麻子
伊吹有喜
井上荒野
坂井希久子
中村航
深緑野分
柴田よしき
出版社
文藝春秋
発売日
2020-04-08
ISBN
9784167914813
amazonで購入する Kindle版を購入する

注文の多い料理小説集 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

料理を共通テーマに7名の小説家達が競演!贅沢極まりない!競演というより、其々の感性と筆力を全力で競い合うかのごときシナジー!全作品が『私が一番でしょ』と訴えてくる!1話目で太っちょ母さんに手が痺れる程拍手喝采を上げ、2話で焼き筍にお腹鳴らされ、4話で江戸に飛び一緒にガッツポーズ!最終話はもうね、何も言えねぇ!で最終頁···エェッ?何が幸せって未読の作家の力作が同時に楽しめること!余程の読書家でも全員既読って中々ないでしょう。読者に向けて魂込めた有名作家のプレゼン合戦!腹はち切れるまで存分にご賞味を‼️🙇

2020/06/04

bunmei

美味しそうな料理をテーマに、思わず唾を飲み込んでしまうアンソロジー。美食にはそれほど興味はありませんが、料理は単に空腹を満たすための食べ物ではなく、料理する人やその生産者、そして料理を食べる人の思い等、その時々の心情や愛情までもが味付けられていることに、気づかされます。特に柚木作品は、上品なイタリアン料理の匂いまでも漂ってきそうな筆致に、ガラッパチな育児ママが料理人や客をも巻き込んで翻弄していくシーンは柚木ワールド全開。その他の料理も、ちょっぴり切なく、温かな気持ちになる、素敵なコース料理の数々です。

2020/07/07

ちょろこ

どれも味わい深い、一冊。七人の作家さんで紡ぐ、“食”が寄り添う人生の1ページのような物語。柚木さんでいきなりスカッと感を味わえ、伊吹さんはスローに築かれていく二人の関係にじんわり涙した。坂井さんの色に溢れた和菓子も想像するだけで心キラキラ。深緑さんは不思議な時間が新鮮で良かったな。トリをかざった柴田さん。パンのふわふわ感とハードなどっしり感の対比を噛み締めながら味わっていたら…こんな素材が盛り込まれていたとは…!まさに“かくし味”ってやつかしら。味わい深い短編集、人生の1ページ、どれも良かった。

2020/06/02

プル

お目当ての作家さん以外も予想以上に面白い。どの作品にも料理が出てくるのは本のタイトルで予想はできます。各短編のタイトルは各作品の扉にあります。作品の趣も料理の表現も、作家さんによって異なって面白い。同じ調子で次の作品を読み始めると、文章のノリに違和感を感じてしまう私は、短編でも、次を読み始める時は少し時間を空けながら読みはじめたため、足掛け1ヶ月の期間をかけて読むことに。一作品ずつ、料理の余韻を楽しみむように作品の余韻を楽しみながら読ませていただきました。

2020/06/21

agtk

料理小説アンソロジー。タイトルと表紙につられて買ったのだが、当たり。どの作品も面白くどれも美味しそう。だからこそ、「味のわからない男」はきつい。ゲンゲ汁もブラックカレーも美味しそうなのに。してやったり感があるのは「エルゴと不倫鮨」。心があたたかくなったのは「夏も近づく」「どっしりふわふわ」。「福神漬」の奇妙な味も好き。「色にいでにけり」は自分にとって掘り出し物。普段ならまず読まないジャンルだし、坂井希久子さんのことも存じ上げなかったが、ぐいぐい物語に引き込まれていった。これがアンソロジーの醍醐味だ。

2020/05/05

感想・レビューをもっと見る