読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

苦汁100% 濃縮還元 (文春文庫)

苦汁100% 濃縮還元 (文春文庫)

苦汁100% 濃縮還元 (文春文庫)

作家
尾崎世界観
出版社
文藝春秋
発売日
2020-05-08
ISBN
9784167914967
amazonで購入する Kindle版を購入する

苦汁100% 濃縮還元 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ロア

ずっと「にがじる」だと思っていて、読み終わって奥付見てびっくり。「くじゅう」だったとは。。。勉強不足でごめんなさい。クリープハイプも知らなかったけど、この本読みながらYouTubeで『愛す』って曲を選んで聞いてみました。 固定観念をひっくり返し、既成概念をぶっ壊す、素晴らしい歌詞とMV!名曲!あ、これも「あいす」じゃなくて「ぶす」と読む。

2020/07/29

CEJZ_

1P15行。元の本は2017年刊。既刊の『祐介・字慰』は既読。2016年7月から2017年2月の日記。尾崎世界観はタモリ倶楽部の咀嚼音回で見たくらいで、クリープハイプの音楽にも今のところ興味はわかない。バンドをやっていくことは大変なんだなあと思う。さまざまな人々と関わり、多岐にわたる仕事をこなす。時間は不規則で、そりゃあサラリーマンとはちがう。創作活動、表現活動だ。悪戦苦闘、自問自答。若い時分があり、どんどん年を重ねていく先は……。もしかするとカオナシという人物がカギを握っているのではないかと思われた。

2020/05/12

Muromi

見えない裏側が赤裸々に書かれていた。でも本当に大事なことは秘めたまま。

しろくま

こんなこと考えているのか〜と好きなバンドのボーカルの思いを日記という形で読めるなんて贅沢だなと思いました。ライブあの熱量が懐かしくてまた早くライブに行けるようになってほしいなと思います。 ときどきはいる「はぁ?」っていうのがおもしろい

2020/07/18

pinapplekiwi

思い出せなくても大丈夫。そんな時間は大切だ。 響いたなぁ。しっかり「栞」挟まないとね?

2020/07/11

感想・レビューをもっと見る