読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鼠異聞 上 新・酔いどれ小籐次(十七) (文春文庫)

鼠異聞 上 新・酔いどれ小籐次(十七) (文春文庫)

鼠異聞 上 新・酔いどれ小籐次(十七) (文春文庫)

作家
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
発売日
2020-07-08
ISBN
9784167915209
amazonで購入する Kindle版を購入する

鼠異聞 上 新・酔いどれ小籐次(十七) (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

シリーズ最新刊は上下巻。スケールが小さくなったなぁと感じているが、これはこれで好きだ。今回は子次郎と言う青年に依頼された懐剣・菖蒲正宗の件、と駿太郎や道場仲間と久慈屋に伴して高尾山薬王院に同行する話。駿太郎が出来過ぎ良い息子過ぎだ~(笑)

2020/07/11

やま

酔いどれ小籐次36作目「新・酔いどれ小籐次」(第二期)17作目 2020.07発行。字の大きさは…大。来島水軍流の剣の達人・赤目小籐次と、息子・駿太郎の成長物語です。此度は、小籐次と駿太郎は、久慈屋の御用で高尾山薬王院へ紙を届けに向かいます。その旅に、桃井道場の年少組が加わり、騒動を起こしながら高尾山に向かって府中宿を立ちます。望外川荘の小藤次一家が楽しく、おりょうが生き生きしています。13才とは思えない駿太郎の活躍と、落ち着いた考え方に驚かされます。この物語は、期待にたがわぬ良さが有ります。いざ下巻へ。

2020/08/20

KAZOO

このシリーズも新になって17冊も出されていたのですね。今回はいつもの紙問屋が高尾山に届けるものがありその付き添いとして主人公やその息子やその剣道仲間たちが同行します。物語として面白くするために事件が府中などで起こったりします。また主人公が見知らぬ人物から頼まれた懐剣を高尾山で研ぐためにもっていきます。いわくありそうな話で次に続きます。

2020/11/28

とし

新・酔いどれ小籐次「鼠異聞 上」17巻。旅は人を育ててくれますね、駿太郎の道場仲間の少年も少しは成長したようです。駿太郎は別格ですね、酔いどれ小籐次が少し霞んだようですね。

2020/08/04

ひさか

2020年7月文春文庫刊。書き下ろし。シリーズ17作目。長編の上巻。道中記、旅日記的な展開が続き、いつもより随分と面白く楽しい展開が続く。タイトルに鼠が付き、かつ上下巻構成なので大掛かりな展開になるか、はたまた単なる道中記で終わるのか?下巻が楽しみです。

2020/08/19

感想・レビューをもっと見る