読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春文庫)

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春文庫)

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春文庫)

作家
先崎学
出版社
文藝春秋
発売日
2020-07-08
ISBN
9784167915339
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春文庫)」のおすすめレビュー

プロ棋士としての生活が急遽一変…「うつ病」と闘い抜いた話題の記録が文庫化!

本日発売の「文庫本」の内容をいち早く紹介! サイズが小さいので移動などの持ち運びにも便利で、値段も手ごろに入手できるのが文庫本の魅力。読み逃していた“人気作品”を楽しむことができる、貴重なチャンスをお見逃しなく。 《以下のレビューは単行本刊行時(2018年7月)の紹介です》

『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』(先崎学/文藝春秋)

「心の病気」といわれる病は、実際には脳の病気である。一見元気そうな人がある日、突然脳梗塞や心臓病で倒れることがあるように、誰でもかかってしまう可能性があるものなのだ。

 2017年7月、藤井フィーバーで棋界が盛り上がる中、1人の人気プロ棋士が突然休場届を出し、公式戦の場から姿を消した。

 先崎学九段。羽生世代の1人として長年棋界に貢献し、またエッセイストや漫画『3月のライオン』の監修者としても活躍する才人である。

 プロ棋士にとって大切な順位戦のさなか、彼が突如として戦線離脱を強いられた理由。それが、うつ病だった。

『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』(先崎学/文藝春秋)は、その彼が発症から回復期に至るまでの…

2020/7/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春文庫)」の関連記事

知れば知るほどおもしろい“将棋の世界”! 初心者におすすめの将棋マンガ・小説作品5作

 今、とにかく将棋界がアツい。2016年、将棋界に彗星のごとく現れた藤井聡太棋士。彼の勢いは今なお止まらず、史上最年少で二冠、かつ八段昇段を果たした。

 将棋人気のムーブメントの中心は「藤井フィーバー」だけではない。日本人なら誰もが知る天才トップ棋士、羽生善治九段や、現役引退後も「ひふみん」の愛称でお茶の間の人気者、加藤一二三九段の存在も大きいだろう。何かと話題に事欠かない将棋界への興味が増すのは当然の流れである。

 しかし実際に将棋の奥深さ、楽しさが感じられるまで“理解しよう”とするのは、難しそうで億劫…という方も少なくないはずだ。ルールさえ覚えれば将棋の魅力はすべて分かる、というほど単純なものでもない。

 そこで本稿では、初心者にもおすすめの将棋をテーマにしたマンガや小説などの作品をまとめた。これらの作品から、気軽に将棋の魅力に触れてみてほしい。

対局中の“めし”が勝敗を決める!? 将棋×グルメマンガ『将棋めし』 『将棋めし』(松本渚/KADOKAWA)

 世間の「藤井フィーバー」が加熱していた頃、彼が対局中に食べる“勝負めし”が話題になることがあっ…

2020/11/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りー

一年で復帰、というのは驚異的なスピードだと思います。周囲がとにかく優しい。著者が、それだけのことを周囲の方にしてきたのだと感じました。個人的には「感性が戻らない」というのに同感。病気前に呼吸と同じようにできていたことが、どうやってやっていたのか分からなくなったまま。お兄さんの一言一言が沁みました。「うつは必ず直る病気なんだ」「まともな精神科医なら自殺という言葉を聞いただけでも身の毛が逆立つものなんだ。」素敵なお兄さんだなぁ。色々な場所で、もがいている人がいる。治ることを信じて。

2020/09/27

tom

トップ棋士がうつ病になってしまった。その発病から回復までの記録。うつ病に関する本は多数あるけれど、り患した本人が書いたものを読んだのは、初めてのような気がする。こういう病気だったのだ。そのしんどさや辛さ、不安は、そういうものだったのかと、初めて分かったような感じがする。うつ病にり患した人の身内や周りの人にとって、とても参考になるはず。とても良い本。本書の中で、棋士の「感性」(美しい手を見たときに、美しいと感じること)を書いている。一流棋士の中にも、これを見る人と見えない人がいるとのこと。面白いなあと思う。

2020/09/18

ホシナーたかはし

うつ病になりかけた人、うつ病か分からない人向けの「うつ病までの経緯と闘病記録」何が凄いって、自分の闘病日記を第三者の俯瞰で観て分析して書いているところ。私もなりかけたので、ところどころ共感するところがありました。

2021/08/10

ぐるぐる244

鬱っぽい、とか鬱状態と鬱病は違う、ということ。心ではなく脳の病気である、ということ。

2020/10/04

okame

うつ病闘病記。うつは心の病気ではなく、脳の病気。人によって症状は変わってくると思うけど、当事者が書いた本って貴重だと思う。当時、藤井聡太フィーバーで、先崎さんのコラムが休載中で読んでみたかったなと思っていたのを思い出した。精神科医の兄の言葉がひとつひとつが胸に刺さる。

2021/06/22

感想・レビューをもっと見る