読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話 (文春文庫)

ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話 (文春文庫)

ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話 (文春文庫)

作家
上橋菜穂子
津田篤太郎
出版社
文藝春秋
発売日
2020-09-02
ISBN
9784167915667
amazonで購入する Kindle版を購入する

ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chiseiok

往復書簡集との事で、時系列半ばに上橋さんのお母さんが亡くなられた際の記述があった。それは『鹿の王 水底の橋』のあとがきで既知ではあったけれど、やっぱり泣けた。そして期待通りの津田医師&上橋女史の深い知見に満ちたキャッチボール。ぼ〜っと生きてる自分にとっては目から鱗、脳味噌にメンソレータムの知的スリルに満ちた最高のセッションでした。ノンフィクションとしては福岡伸一さんの『動的平衡』以来のざわめきっぷり。“生”(性?)と“死”、新参の西洋医学と悠久の東洋医学、巻末に追加された新章も含めて唸らされまくり。良本!

2020/09/27

楽駿

品川図書館本。これほど季節感にあふれ、命の尊さにあふれた、美しい書簡を私は知らない。あのバルサやエリンの産みの親、上橋氏と医師である津田氏の往復書簡。蓑虫の命から始まり、人の命、母親の闘病から死に至るまでの、命への考え方。そして、人間全般の命の意味と、あり方について考える。その追及は、コロナのような、ウイルスの意味と、人間との関わり方まで突き詰める。AIの可能性と、限界、人としての意味。どの言葉も、宗教的な考え方というよりは、生物学的検証の上に、見つけられた言葉。何回でも読みたくなる書簡。心が洗われる!!

2020/11/23

青蓮

世界的ファンタジー作家と聖路加病院現役医師の往復書簡。生きること死ぬこととは何なのかを小説家と医療の専門家のそれぞれの視点から描かれる対談と見て良いかと。コロナウイルスにも関する意見もあるので、パンデミックの年である今年に読んんでおきたい1冊だと思いました。

2020/10/25

青木 ともこ

ああ、読み終わってしまった。ものっすごい美味しいすまし汁をいただいたような感覚、澄んでいるのにふくよかな味わい、余韻。溺れているつもりはなかったけれど、思わずおふたりの腕に手を置いてしまって自分の気持ちを知るというか、カウンセリングを受けたような気もする読後感です。地球、人類、進化、普段あまり考えたことのなかった視点をいくつも得ることができて、なんだか世界が違ってみえます。そして、もう本当に元には戻らないんだなと、肚がくくれた気がします。今回のきっかけで顕在化したものたちをよけてよけて、見つけたい。

2020/10/25

ぐっちー

生と死について、深淵な対話がなされる往復書簡。コロナ禍の中にあって更なる思索を深める2篇が収められ、じっくりといのちについて考える機会になった。オオワシのように高みから見下ろして広い視野を持っていても、想定外のものまで見ることはできない...その想定の箱を正しく認識することがまずは大事かも。

2020/10/09

感想・レビューをもっと見る