読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マイル81 わるい夢たちのバザールI (文春文庫 キ 2-61 わるい夢たちのバザール 1)

マイル81 わるい夢たちのバザールI (文春文庫 キ 2-61 わるい夢たちのバザール 1)

マイル81 わるい夢たちのバザールI (文春文庫 キ 2-61 わるい夢たちのバザール 1)

作家
スティーヴン・キング
風間賢二
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2020-10-07
ISBN
9784167915858
amazonで購入する Kindle版を購入する

マイル81 わるい夢たちのバザールI (文春文庫 キ 2-61 わるい夢たちのバザール 1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

スティーヴン・キングは数十年に渡って読んでいる作家の一人です。久々の短編集、自作解説つきでした。オススメは、表題作で30年物の『マイル81』&『UR』です。私は、紙の本が好きなので、普通のKindleもピンクのKindleも要りません(笑)続いてⅡ巻へ。 https://books.bunshun.jp/articles/-/5817?ud_book

2020/11/21

KAZOO

キングの短編集で2分冊にわかれています。このⅠには10篇の作品が収められていてそれぞれキングの序文があります。私はやはり表題作などが好きで昔の彼の作品を思い出します。また「UR」は他の作品とのつながりがあったりしてこれも最近の状況なども踏まえたもので楽しめました。

2020/12/12

yutaro13

キングの第六短編集その1。2009〜2015年までの作品を収録。この短編集の特徴は、今までのようなスーパーナチュラルな脅威を扱ったホラーだけでなく、日常を題材にした普通小説も多いことらしい(とはいえ日常の中にダークさは健在)。近年になってキングの小説を拾い読みするようになった私ですが、やはり不条理ホラーが面白いと感じる。本書だと「マイル81」「悪ガキ」「UR」あたりが好き。各作品前の著者による序文は気の利いた読者サービス。

2021/02/11

ネコベス

著者の序文と解説文付きの10篇を収録した中短編集。大ベテラン作家にもかかわらず作品から貪欲な創作意欲が漲っていて頼もしい。人食いステーションワゴンが人を襲うというストレートなB級ホラーをいまだに堂々と書けるのが素晴らしい「マイル81」、老いた元裁判官が生涯抱えて来た秘密を打ち明ける幻想ホラー「砂丘」、教師がひょんなことから手に入れたピンクのキンドルから別世界を垣間見てしまうダークタワーシリーズのスピンオフ作品「UR」が面白かった。

2020/11/29

ぐうぐう

不思議な感触だが、長編作家であるキングの、しかし短編を読むと、小説家としてのキングの良さが実感できてしまう。短編の方がうまい、ということではなくて、キングの魅力がより理解できやすいのだ。それは、スーパーナチュラルの要素を排除したリアルな世界を背景にした小説の方がキングの凄みを覚えるのと似ているかもしれない。人喰い車が登場する「マイル81」で開幕する第六短編集だが、日常を描く作品も多く、そういう意味でもキングの良さをより味わえるのが嬉しい。(つづく)

2020/10/21

感想・レビューをもっと見る