読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

赤い砂 (文春文庫)

赤い砂 (文春文庫)

赤い砂 (文春文庫)

作家
伊岡瞬
出版社
文藝春秋
発売日
2020-11-10
ISBN
9784167915889
amazonで購入する Kindle版を購入する

赤い砂 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パトラッシュ

パンデミック自体よりも、原因となるウイルスがもたらす莫大な利益を巡る人の欲望と怒りと絶望と苦悩がテーマ。儲けるためなら危険なウイルスを平気で売買する製薬会社と、得体の知れぬ謎に気付き職を賭して追跡する刑事。真実を知りながら何も言えない関係者に、無関係な他者が犠牲になるのを楽しみさえする少年。これに事件の政治的利用をたくらむ警察の内部抗争が絡み、人の愚かさが止められたはずの感染を広げていく。それを何とか食い止めたのは、命を捨てて真相を暴いた刑事の覚悟あればこそ。ネット時代以後なら別のドラマが展開していたか。

2021/08/02

のり

一人の自死に関係した者が次々と異常な行動をとり命を絶つ。その中には警察官も含まれるが、上層部は隠蔽に向かう。同期・友人として不可解な事案に懸念を抱いた「永瀬」は真相を追うが圧力がかかる。未知のウィルスと大手製薬会社の怪しげな動向。管理も杜撰だが、金に走った者達の浅はかさには心底失望する。さらに私怨でばら撒く愚か者まで…これ以上感染拡大しない事を願う。

2021/05/13

ちょろこ

ジワジワくる一冊。テーマは"ウィルス"。とある電車の飛び込み事故を発端にまるで連鎖するかのような関係者達の自殺。主人公 永瀬刑事の親友もその一人。何故⁇亡き親友のためにその真相を追っていく物語。今の世の中に重ね合わせる度、"ウィルス"の恐怖がジワジワと心に忍び寄ってくる。真相に迫っていく過程はジワジワと面白さが増し、糸口を掴んでからは一気に加速する展開が最高。そして何よりも親友のために保身考えず立ち向かう永瀬刑事の姿がジワジワくる。ラストシーンを経ての最後の余韻、これもまた良かった。

2020/11/23

イアン

★★★★★★★☆☆☆未知のウイルスを扱った伊岡瞬の長編。自殺した男の遺体処理に携わった警察官やJRの運転士らが、相次いで錯乱した末に自殺する。同期の親友を亡くした刑事・永瀬は、不審な死の連鎖の裏に大手製薬会社の影を見出すが…。ややオカルト臭は漂うものの、自身の進退も顧みず突き進む永瀬の無鉄砲さがいい。フーダニットの要素もあるけど推理がやや飛躍しているので、純粋にエンターテインメント小説として読んだ方が楽しめるかもしれない。そして一番の驚きは、この作品が最初に執筆されたのが今から約18年前だったという事実。

2020/12/21

タイ子

伊岡さんがデビューする2,3年前に書かれてこれまで日の目を見る事ができなかった作品が今回いきなり文庫で刊行。今まで読めなかったことが悔しいくらい面白い!恐ろしいウィルスの恐怖、ワクチンと治療薬、そこに警察が絡む事件性が謎として描かれるので読みどころは満載。一人の若い刑事が上層部の命令を無視して同僚の自死のためにがむしゃらに突っ走る姿が、いろんな作品と重なりながらも面白い。これまで刊行されなかった理由とか伊岡さんの本作への思いがあとがきに書かれているのも興味深い。

2020/11/19

感想・レビューをもっと見る