読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スティール・キス 下 (文春文庫)

スティール・キス 下 (文春文庫)

スティール・キス 下 (文春文庫)

作家
Jeffery Deaver
ジェフリー・ディーヴァー
池田真紀子
出版社
文藝春秋
発売日
2020-11-10
ISBN
9784167916022
amazonで購入する Kindle版を購入する

スティール・キス 下 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆーぼー

以前、ネット接続のHDDレコーダーが、ハッカーの踏み台に利用された事件があった。 それを想起させたストーリーだ。 ネットに接続すれば、確かに便利さは増すのだが、私の経験則は、「便利なものほど、リスクが高い」だ。 なんだか、リンカーンシリーズの終焉かと思える状況でスタートしたストーリーだが、あれやこれやの件が片付いて、読者として安心できる結果となった。 ストーリーの締めくくりは、「さすがディーヴァー」といえる見事さだ。

2020/11/24

TONTON

どんでん返しの帝王、ジェフリー・ディーバーのお待ちかねリンカーン・ライムシリーズ!捜査顧問を引退したリンカーンが取り組む民事事件と思われた事故は意外な方向へ。アメリア・サックスを始めとするキャラクターも健在です。それにしても英文法の蘊蓄まで出てくる作品を見事に翻訳されている訳者の池田真紀子さんにも拍手を送ります。

2020/11/22

marubonny

ここ最近の何作か、意外な犯人/動機のために非現実的な無理やりが過ぎるなあ…と引いてたんだけど、今回はバランスが良くて満足。

2020/11/14

Pafootball

今回の感想は超シンプルに「ロナルド、お前ってやつは本当に男だな!」ルーキーの男気が気持ち良かった。

2020/12/01

感想・レビューをもっと見る