読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

想い人 あくじゃれ瓢六捕物帖 (文春文庫 も 18-17)

想い人 あくじゃれ瓢六捕物帖 (文春文庫 も 18-17)

想い人 あくじゃれ瓢六捕物帖 (文春文庫 も 18-17)

作家
諸田玲子
出版社
文藝春秋
発売日
2021-02-09
ISBN
9784167916404
amazonで購入する Kindle版を購入する

想い人 あくじゃれ瓢六捕物帖 (文春文庫 も 18-17) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はにこ

ここに来るまで沢山の大切な人を失った瓢六。最後に一番大切な人が帰ってきて良かった。お奈緒はきっと胸中複雑だっただろうに、瓢六の幸せを願って取った行動が素晴らしかった。弥左衛門達、お仲間も瓢六を大事に思っているんだなぁと感じて胸熱だった。お奈緒もいつか幸せになって欲しいと願いながらシリーズを読み終えた。

2021/06/14

ぺしみち

前作から間をあけすぎたか、もしくは飛ばしてしまったのかも…。いまいちのめり込めなかった。少し前から読んだ方が良かったかなー。

2021/07/12

くらさん

最後の一行。これを何年も待っていた。今もこれからも幸せなことばかりでは無いのは分かっているけど、せめて2人が喜びあえたことを喜びたい。 前作から日にちが経ちすぎて忘れてた部分もあったけど、十分面白かった。

2022/02/04

感想・レビューをもっと見る