読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

任務の終わり 上 (文春文庫 キ 2-63)

任務の終わり 上 (文春文庫 キ 2-63)

任務の終わり 上 (文春文庫 キ 2-63)

作家
スティーヴン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2021-02-09
ISBN
9784167916510
amazonで購入する Kindle版を購入する

任務の終わり 上 (文春文庫 キ 2-63) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hal

たまたま図書館で借りたキングの本。どうもおかしい。海外ドラマだったら半端なシーズンから観てるような。過去の話で必要な部分は本文中で説明されているので理解できる。しかし後から前の本を読んだらネタバレ感がすごいだろうと思いつつ、いかにもキングらしい展開で面白かった。前作の『ミスター・メルセデス』を読んでから下巻に行けたら良いな。誰の心の中にも自殺に繋がるような心の傷が少なからずあり、だからと言って自殺に追いやるのは意外と難しいというあたりが興味深かった。続きものだと本の解説に書いておいて欲しかった。

2021/04/28

どどんぱ

前巻の前フリもあり、期待度大で読み始めました。展開に目が離せない。ホリー頑張れ!ジェローム早く帰ってこい。そんな感じで、次巻に進む。

2021/03/01

吉田正

下巻に突入!

トウリン

面白かった。キングはいつも中盤以降から面白くなるけれど、3部作の最後にあたるこの話はめっちゃ面白かった。読後感爽やかだねぇ。ラストはシャイニングのラストシーンを思い出した。そりゃ、そう来るよね、あのままでいるわけがないよなと。

2021/03/17

感想・レビューをもっと見る