読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

任務の終わり 下 (文春文庫 キ 2-64)

任務の終わり 下 (文春文庫 キ 2-64)

任務の終わり 下 (文春文庫 キ 2-64)

作家
スティーヴン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2021-02-09
ISBN
9784167916527
amazonで購入する Kindle版を購入する

任務の終わり 下 (文春文庫 キ 2-64) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hal

良くも悪くもキング。超自然な力を持つ邪悪な敵に立ち向かう。ラストは雪の別荘。シリーズ前2作を読んでいる人は、あの時悪役が何をしていたかがよくわかるのかもしれない。結局前作は読まなかったが、適度に解説が入るので、特に問題なかった。

2021/05/03

藤井宏

三部作の三作目で「ミスター・メルセデス」「ファインダーズ・キーパーズ」の2つの前作がある。2つめをまだ読んでなかった...

2021/02/25

吉田正

三部作が終わってしまった!

2021/02/26

どどんぱ

キングを満喫できました。超能力を持った敵に一般人が挑む話が結構好きだと判明しました。

2021/03/06

うーちゃん

邪悪なものと戦い勝利するには、勇気と知恵と友情が欠かせない。これがキングの作品に流れる通奏低音だと私は思っている。ビル・ホッジズ3部作の最後を飾る本作も、この原則から外れない。ワンパターンと言えばワンパターンだけれど、本作発表時に69歳だったキングは衰えるどころか、ますます手練れになっている。キング作品の通奏低音になっている原則がもう一つある。それは主要登場人物が犠牲にならなければ目的が達成されないこと。さて、本作はどうか? 後は読んでのお楽しみ。今言えるのは、読後感は決して悪くないということだ。

2021/04/26

感想・レビューをもっと見る