読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

任務の終わり 下 (文春文庫 キ 2-64)

任務の終わり 下 (文春文庫 キ 2-64)

任務の終わり 下 (文春文庫 キ 2-64)

作家
スティーヴン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2021-02-09
ISBN
9784167916527
amazonで購入する Kindle版を購入する

任務の終わり 下 (文春文庫 キ 2-64) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

キムチ27

「任務」とは・・ラストでビリーが死ぬのではとハラハラ。悪魔の権化のようなブレイデイとの対峙・・随処に作家の想いを登場人物の口を変えて呟く金言が毎度ながら胸を打つ・・逼塞の状況で読みだけに尚。ホリーの心の進歩の軌跡、Mrハーバードの頭ではないだけの人間性が心温まる。ルーの心のビブラート、衝撃の動き・・ホラーだけでない人間世界の闇。誰もが抱える人間の心の闇・・息をしよう!そして前へ。

2021/08/15

chie-don

止められなくて一気に読んでしまったっ(*_*)ホリーが、ホリーが…ホロリとするほどかわいい…最後はさわやかともいえる終わり方だなぁ♪それにしても、肉体とともに精神は滅びないんだろうか?とかチラッと考えないでもないけどね…おもしろかったからいいの。

2021/05/22

hal

良くも悪くもキング。超自然な力を持つ邪悪な敵に立ち向かう。ラストは雪の別荘。シリーズ前2作を読んでいる人は、あの時悪役が何をしていたかがよくわかるのかもしれない。結局前作は読まなかったが、適度に解説が入るので、特に問題なかった。

2021/05/03

ROOM 237

ようやく三部作全て読み終えた、キングおじいのミステリ連作。ミステリも上手いんだな、そこにおじいの得意分野もしっかり絡ませて話は進むのです。二作目もそうだったけどとにかくシャイニングファンにはプレゼントが用意されてるから一読の価値あり。

2021/07/23

のじ

前の2作はほとんどホラー的要素がなかったけど前作の最期でそれらしき感じが出て来た。3作目で流れが変わったらちょっと嫌かも、と思ったけれど読んでみたらむのすごく面白かった。むのすごく!メルセデス・キラー復活。ますます絶対悪、って感じになってる。1作目では心臓に爆弾を抱えたホッジスがまた病を抱えて、どう対決していくのか、目が離せませんでした。

2021/07/08

感想・レビューをもっと見る