読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

江戸彩り見立て帖 色にいでにけり (文春文庫 さ 59-3)

江戸彩り見立て帖 色にいでにけり (文春文庫 さ 59-3)

江戸彩り見立て帖 色にいでにけり (文春文庫 さ 59-3)

作家
坂井希久子
出版社
文藝春秋
発売日
2021-06-08
ISBN
9784167917036
amazonで購入する Kindle版を購入する

江戸彩り見立て帖 色にいでにけり (文春文庫 さ 59-3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ツン

坂井さんの新作。江戸時代のカラーコーディネーターという発想がおもしろい。今後の3人の関係がどうなっていくのかが楽しみですが、卯助さんも何か言っておけば良かったのにと思わなくもないです。

2021/06/19

のぶ

本作が新シリーズになるようだ。主人公はお彩。父親は浮世絵の摺師だったが、火事で視力も、仕事場も失ってしまう。お彩は婚約者との縁談も流れ、現在婚活中でやや気が強い。そんなお彩の特技は並外れた色彩に対してのセンスで、江戸のカラーコーディネーター。面白いところに着目しましたね。着物やお菓子の意匠等に並外れた能力を発揮して、まわりの信頼を得ていく。日本の色は鼠色一つ例にとっても、何十種もあって、それぞれに名前がついている。実際に見られないのがもどかしいが興味深い。他のメンバーもユニークで今後が楽しみだ。

2021/06/19

タイ子

カラーコーディネーターが江戸時代にいたら、たぶんこうだったんじゃないかというお話。元々は錦絵の摺師だった父親を持つお彩。父親が火事によって失明してしまい、摺師の仕事もできなくなり今は長屋でお彩が面倒を見ている。摺師の技を見ながら育ったお彩は色彩に秀でており、それを見込んだ京男の右近が身分は謎のまま近づいてくる。当たり前だが、世の中の全ての物に色があり色彩一つで商売も儲かったり、損をしたり…。上生菓子、金平糖、花魁の着物、茶の湯の茶碗。右近の正体も判明、お彩の優れた色彩感覚が人生を彩っていく。シリーズ開始。

2021/07/17

ジュール リブレ

粋でおきゃんなヒロイン・お彩。名摺師の父も羨む色彩感覚で新境地を開いていく?シリーズ序章の雰囲気漂う本作は、いくつもの謎と仕掛けを仕込みながら。大奥献上の上菓子から、吉原花魁の仕掛け、紅嫌いの色合い合わせなど、退屈することなく読み進められました。

2021/06/23

真理そら

「ぜんや」シリーズの妙さんとは逆に言いたいことをはっきり言いすぎる摺師の娘・お彩は色彩についての天性のセンスがあるという設定。カバーイラストで京紫の着物で登場している右近の正体はまだ半分しか明かされていないし、元許嫁の卯吉も言いたいことがありそうだが、とにかく右近のいる呉服屋「塚田屋」で働くことになりそうだ。色の名前がいっぱい出てきて楽しい。

2021/06/10

感想・レビューをもっと見る