読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

彼方のゴールド (文春文庫 お 58-4)

彼方のゴールド (文春文庫 お 58-4)

彼方のゴールド (文春文庫 お 58-4)

作家
大崎梢
出版社
文藝春秋
発売日
2021-07-07
ISBN
9784167917197
amazonで購入する Kindle版を購入する

彼方のゴールド (文春文庫 お 58-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

出版社の営業にようやく慣れた頃、野球もサッカーも知らない明日香がスポーツ雑誌「Gold」に配属され、体当たりでぶつかってゆく出版社お仕事小説。昔とは役割も様変わりした野球のリリーフ投手へのインタビューに始まり、子供の頃のスイミングスクールと幼馴染との思い出、スキャンダルと密告の真相、社内カメラマンの思わぬ再会、サッカーコーチと15年前の因縁、そして再会したもうひとりの幼馴染。雑誌編集として分からないなりに一生懸命調べて考え、真摯に相手に向き合おうとする明日香の成長とその結末にはぐっと来るものがありました。

2021/07/07

まゆっち

出版社で営業として働いていた明日香が、スポーツ誌の編集に異動し成長していくお話。失敗や成功を繰り返していく中で幼なじみ2人とのエピソードが絡んできて、最後はムネアツの展開でした!大崎さんのお話は爽やかで明るくて、読後感がいいのが好きです。書店シリーズも読み返したくなりました。

2021/07/16

ツバサ

スポーツ誌にスポットを当てていて、スポーツ選手を取り上げることに熱意を向けて取材していく姿が良かったです。スポーツ好きな人は読んでみて欲しいです。

2021/07/08

秋色

編集者って「言葉を拾いあげて伝えるのが仕事なのかな」ふとそんな感想を抱きました。話は、入社二年目の明日香が思わぬ部署スポーツ誌編集部に異動したところから。意外に?お世話好きで優しい上司たちに支えられながら、取材の中で出会う人たちにも仕事にも真正面から明日香がぶつかり、成長していく姿がカッコいい。取材対象のアスリートもインタビューでより魅力的に映る。悩みながらも成長していく姿にさわやかな感動があります。スポーツだけでなく仕事全般的に役立ちそうな姿勢や考え方もちりばめられていて、いい意味で触発される作品です。

2021/07/17

きーた

(再読)文庫化(’21.7/10第1刷)購入。 千石社シリーズ、今回はスポーツ総合誌。最終話はオリンピックイヤーの話、初読時にはワクワク感のみだったのが、現実ではコロナ禍で延期されたオリンピック開催中での読み返しになるとは。 明日香の編集者としての成長、各章での登場人物たちの想い、明日香の幼なじみ2人のその後、どれも爽やかな着地になっていて気持ちいい。 「Gold」のモデル「Number」は私が大ファンの草なぎ剛さんとパラスポ選手との対談掲載時に買っているから、パラスポーツのことも扱って欲しかった。

2021/07/24

感想・レビューをもっと見る