読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

穴あきエフの初恋祭り (文春文庫 た 107-1)

穴あきエフの初恋祭り (文春文庫 た 107-1)

穴あきエフの初恋祭り (文春文庫 た 107-1)

作家
多和田葉子
出版社
文藝春秋
発売日
2021-07-07
ISBN
9784167917234
amazonで購入する Kindle版を購入する

穴あきエフの初恋祭り (文春文庫 た 107-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まひる

7つの短編集。160ページと薄めなのでさらっと読めると思いきや。これは、理解というより、体感する文。外で起こることではなく、身体の中、心の中、頭の中から湧く言葉。「おと・どけ・もの」がいちばん理解できた。解説を読んでうっすらわかった気がした。いつか再読しよう。

2021/08/18

ゆみにてぃー。

大好きな多和田葉子さん。 正直に言って大ハズレかなぁ。 7つの物語がどれも突拍子もない幻覚ストーリーで今何が起きてて、どこから夢と現実なのか入り組みすぎてついていけず…。 これは作者が世の中に怒っている事や嘆いている事を揶揄していているのではないかと思いました…。 だとしたら凄く怒ってる(笑) 言葉遊びが好きな作家さんで、そこは問題なく、むしろいつもの方が言葉遊び凄まじいのに(笑)今回は言葉遊びが少ない代わりに、「薬でもやって幻覚出ちゃったのかな主人公は?」みたいな狂気を感じました。

2021/09/01

あ げ こ

まるで一致しない事、着いて行かれなさ、ズレ、隔たり、噛み合わなさ。その裂け目と言うか、合わさっていなくて、ぶかぶかとしている隙間、埋まらなさみたいな所から立ち上って来るもの。確固たるもののなさ。平気で変わり得るし、転じ得る。非常におさまりが悪い。本来はここにおさまるべきと、何故かそう決められている場所や形におさまらず、ずっとしっくり来ず、あちこちに広がって行ってしまう。広がるばかりで埋まる事の稀な隔たりと隙間。すぐ気になってしまう。全然無視しない、いちいち気にして、確かめてみなければ自らどこにも行けない。

2021/08/06

n

とてもじゃないが、一度で読み解くことは出来ない。難しい。多和田さんの書く文章は、日本語なのに何処か遠い所にある美しい外国語みたいな響きを持っている。心地良くて流されるまま読んでいると、唐突に終わる。また読み返したくなる。その繰り返しなのだろう。なんだか物凄く自分の頭が悪いみたいで、解説にもある通り、一つ一つの話が重大なメッセージを持っていることはわかるけど、それが何なのかいまいちわからないから恥ずかしくてあまり感想は書けない。

2022/01/23

ひでお

多和田さんの作品は、いつも何度か読み返しながら、言葉のひとつひとつに注意を払っていかなくてはなりません。そうしてようやく、言葉の中に隠されたユーモアや皮肉や二重の意味をなんとなく読み取ることができます。とても知的な魅力にあふれた小品だと思います。私的には最後の「おと・どけ・もの」が好きかな。

2022/07/28

感想・レビューをもっと見る