読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不要不急の男 (文春文庫 つ 11-27)

不要不急の男 (文春文庫 つ 11-27)

不要不急の男 (文春文庫 つ 11-27)

作家
土屋賢二
出版社
文藝春秋
発売日
2021-07-07
ISBN
9784167917258
amazonで購入する Kindle版を購入する

不要不急の男 (文春文庫 つ 11-27) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chimako

くどい(笑)恐妻ネタと自虐ネタのオンパレード。先生のおっしゃることは正しく当たり前の事。世の中をなめきった若者の横行、コロナ下における自分勝手なふるまいを正当化する言い訳、グルメ気取りのまゆつば。教え子に言いくるめられるのか言いくるめているのかわからない哲学的な問答。世間的に、いや世界的に認められ、れっきとした地位を築いておられる哲学者だからこその自虐。お腹一杯になりました。

2021/10/27

♡ぷらだ♡

ツチヤ先生の最新刊。本書は、2019年10月から2020年12月まで週刊文春に掲載されたエッセイ集。時期が時期だけに「新型コロナの猛威が続いている。まるで長々と説教されているみたいだ」のようなコロナや感染、自粛などの言葉が目立つ。また、お馴染みの奥様や教え子さんたちとのかけあいの中で「探し物を見つける最速の方法は買い直すことだ」など数々の迷言が楽しい。お腹の皮がよじれるくらいに笑い、それによって腹筋が鍛えられ、自粛続きでの運動不足の解消になったかも。コロナ下の重苦しい空気が一刀両断される1冊。

2021/09/12

Y2K☮

相も変わらぬ自虐屁理屈ユーモアエッセイ集。正直「麒麟も老いては…」と感じることもしばしば。だがマスコミがあれだけ煽れば高齢者がコロナを過度に恐れるのも道理。昨年春の閉塞した状況を考えると、本作に励まされて元気を出した人はかなりいたはず。笑うことで免疫力を高めてコロナを退けた人も。ならばこの本こそ人生に不要不急が欠かせない証ではないか。連載している週刊文春に対しては思うこともあるが安易につぶせいらないと全否定はできない。何が必要かの定義を政府や医師会に決められる筋合いもない。その辺りの筆の冴えは健在だった。

2021/11/10

すだち

前書きからくどさ全開。斜め上行く論理をまくし立てた挙句、脱力させる技は衰えることなく。妻や教え子からの腐されっぷりも健在。老人ホームに入居され、老境自虐はパワーアップされてます。錚々たる経歴をお持ちなのに、「能ある鷹は爪を隠す」を地で行き、隠しすぎて軽視されてるらしい。笑。

2021/07/28

黒井

21-104】久々のツチケン先生。今は神戸にいらっしゃるんですね。19年10月〜20年12月の期間に発表されたエッセイで序盤は本当に読むのやめようかと思ったけど、コロナ禍に突入してからの様々な場面で見られる指摘の鋭さに驚かされて全部読んだ。変わらずあちこちに潜む自虐ネタや奥様の話題が、本作では哲学者が眺めるコロナ禍への痛快な見解と混ざってる事でうまくバランスを取れてる感。褒め過ぎだろうか。どっちみちある箇所で大笑いしてしまったので降参です。東日本大震災の時に発表された『紳士の言い逃れ』同様手元に置きます。

2021/11/02

感想・レビューをもっと見る