読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不要不急の男 (文春文庫 つ 11-27)

不要不急の男 (文春文庫 つ 11-27)

不要不急の男 (文春文庫 つ 11-27)

作家
土屋賢二
出版社
文藝春秋
発売日
2021-07-07
ISBN
9784167917258
amazonで購入する Kindle版を購入する

不要不急の男 (文春文庫 つ 11-27) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すだち

前書きからくどさ全開。斜め上行く論理をまくし立てた挙句、脱力させる技は衰えることなく。妻や教え子からの腐されっぷりも健在。老人ホームに入居され、老境自虐はパワーアップされてます。錚々たる経歴をお持ちなのに、「能ある鷹は爪を隠す」を地で行き、隠しすぎて軽視されてるらしい。笑。

2021/07/28

totuboy

悪く言えば屁理屈だが、どこかそれが憎めない。哲学者というか論理学的な展開も面白い。そこを一般化するの?そんな見方をするの?立場をそうやって転換するの?ものの見方・考え方が勉強になる。

2021/07/28

spike

こんなに脱力しているのに、メモしておきたいコトバが満載。読んでて楽しい。楽しいと思えるのはオトナの男だけかもしれんが。

2021/07/25

あんどうれおん

激変する世の中でも、人気連載『ツチヤの口車』は健在です。本シリーズが最近どこかで「発掘」されたそうですね。あまり趣旨を存じておりませんが、何にせよ土屋先生が賞をお取りになったというだけで喜ばしい限りです。先生ならば必ず、受賞の事実を新しくて面白くて品のないネタに昇華してみせて下さると確信しています。歌人の九螺ささら氏による熱い解説もあわせて、シリーズ屈指の最新作と言えましょう。

2021/07/14

感想・レビューをもっと見る