読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

メランコリック・サマー (文春文庫 み 23-10)

メランコリック・サマー (文春文庫 み 23-10)

メランコリック・サマー (文春文庫 み 23-10)

作家
みうらじゅん
出版社
文藝春秋
発売日
2021-07-07
ISBN
9784167917265
amazonで購入する Kindle版を購入する

メランコリック・サマー (文春文庫 み 23-10) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

cithara

みうらじゅんの本を読んでいるなんて人には言えない。みうら氏の気持ちをどう解釈したらいいのか分からないからだ。みうら氏は今は結婚されて円満なご家庭を築かれているようだが、本書を読むと実に多くの女性とつきあってきたことがわかる。って、実はそんなに多くないのかな。面白い人。一度お話してみたい。笑福亭鶴光との対談頁で、鶴光氏が想像していた顔と違っていたのがちょっと驚きだった。赤塚不二夫氏のイヤミみたいな人だと思っていたから。私が子どもの頃も深夜ラジオは人気だったが皆黙して語らず。恥ずかしかったのだろうか?

2021/07/11

totuboy

実はエロをテーマにしたエッセイよりも、ところどころに挟まっている普通の話のほうが面白かったりする。「書く」ことを見せる公演を大阪、名古屋、東京の公園で行った話などはシュールで面白い。

2021/07/26

感想・レビューをもっと見る