読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春文庫 お 73-2)

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春文庫 お 73-2)

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春文庫 お 73-2)

作家
大島真寿美
出版社
文藝春秋
発売日
2021-08-03
ISBN
9784167917302
amazonで購入する Kindle版を購入する

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春文庫 お 73-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chiru

江戸時代、芝居小屋が立ち並ぶ大阪、道頓堀に人形浄瑠璃に取り憑かれ人生の全てを捧げた男がいた。名は言わずと知れた近松半ニ。浄瑠璃狂いと蔑まれつつ虚と実の境を行きつ戻りつ現世をたゆたう。芝居小屋からもれる笑い声、軽妙で洒脱な大阪弁、せわしなくも愛しい人間模様。その静かな情熱はやがて大きな『渦』となり観客も作り手も渾然一体となって溶けあっていく。好きなものに純粋であり続けた半ニの人生。それこそが『かけがえのないもの』でした。『道頓堀には お人形がいてこそや』人生と道頓堀を彩った大輪の花。もう一度見てみたい。★5

2022/02/17

kei302

こんな会話をようでっち上げるなあ:解説の豊竹呂太夫さんの言葉に大きく頷く。待望の文庫化です。 「伊賀越道中双六」完成に向かうラスト、しびれる、泣ける。 そうか そうやったんや。こないに かっこええ終わり方やったんや。ええもん読ませてもらいました。

2021/08/23

Shoji

私は奈良県に所縁のある文楽、例えば義経千本桜、壺坂霊験記などが公演される月は文楽劇場に鑑賞に行きます。妹背山婦女庭訓もそのひとつ。そして、我が家から妹山、背山まで車で10分とかかりません。ですので、とても興味を持って読みました。文楽の登場人物である入鹿と不比等は時代は合いませんし、また、妹山と背山には桜の木はないのに満開の桜が舞う舞台。強引すぎる展開だと思っていました。この小説を読んでストンと腹落ちしました。また、文楽と歌舞伎の関係性についても納得。文楽の疑問が氷解する小説でもありました。面白かったです。

2021/08/12

エドワード

儒学者・穂積以貫の息子、成章こと近松半二の生涯。父から近松門左衛門の硯を譲り受け、天啓の如く人形浄瑠璃の世界へ没入する。全編に溢れる人形浄瑠璃への愛。流れるような大阪弁の美しさ、大阪弁でなくては語れない、人の世の情を味わうことの出来る、関西人であることの喜び。本当に愛知県生まれの大島さんの大阪弁には感動する。江戸時代の芝居の台本を書く半二の才気と狂気のほとばしりがひしひしと伝わってくる。歌舞伎と人形浄瑠璃は似て非なり、切磋琢磨して発展してきたもの。コロナ禍でご無沙汰している人形劇を早く味わいたいものだ。

2021/10/02

エル・トポ

浄瑠璃に憑りつかれてしもうた方々のお話。ものを創らはる方がよう口にしはる「降りてくる」感覚。物語の登場人物が作者の手を離れて動き回る様が、ようけ描かれております。わては40年ほど前に、毎月のように歌舞伎座に通っていたことがありましてん。「妹背山女庭訓言」でも、浄瑠璃は観たことがあらしまへん。歌舞伎は役者の魅力を観るもの。敢えて人形での催し、非現実的な表現に拘る文楽いうもんを、一度観てみとうなりました。関西弁の流暢な詞章がたまりませんなあ。ええもん読ませてもらいました。

2021/11/04

感想・レビューをもっと見る