読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こちら横浜市港湾局みなと振興課です (文春文庫 し 35-9)

こちら横浜市港湾局みなと振興課です (文春文庫 し 35-9)

こちら横浜市港湾局みなと振興課です (文春文庫 し 35-9)

作家
真保裕一
出版社
文藝春秋
発売日
2021-10-06
ISBN
9784167917630
amazonで購入する

こちら横浜市港湾局みなと振興課です (文春文庫 し 35-9) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

terukravitz

★☆☆☆☆

2021/10/14

あいまい

横浜生まれ横浜育ち、横浜のホテルでコンシェルジュをしていたこともあり、横浜の歴史はだいぶ勉強しているつもりだった。横浜の歴史は複雑だが面白い。まだ知らなかった横浜の謎を解き明かしていく様は読み進めながらドキドキしていた。 横浜市民なら「あ〜知ってる」「分かる」という地名がたくさん出てきて面白い。頭の中で桜木町を中心とした地図を思い出しながら、気付けば主人公と一緒に横浜の土地を走り回っていた。たぶん主人公たちは仕事帰りに野毛で飲み、スターマンを愛で、Y150の愚痴をつまみにまた裏横で飲むのだろう。

2021/11/28

peko

横浜市港湾局みなと振興課を舞台に事件を解決する職員2人組。横浜は地元なので、知っている地名、建物がたくさん出てきて、読みながら「ああ、あそこね!」と楽しかった。一つ一つはありそうな話だし、スイスイ読み進めてしまうんだけど、昔のことに絡んで複雑になっていくので、頭が追いついていかないよ!最近は真保さんの本をあまり読んでいなかったけど、こういうのを書いているんだね。

2021/10/29

クズティ

7月29日

感想・レビューをもっと見る