読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プルースト効果の実験と結果 (文春文庫 さ 76-1)

プルースト効果の実験と結果 (文春文庫 さ 76-1)

プルースト効果の実験と結果 (文春文庫 さ 76-1)

作家
佐々木 愛
出版社
文藝春秋
発売日
2022-02-08
ISBN
9784167918286
amazonで購入する Kindle版を購入する

プルースト効果の実験と結果 (文春文庫 さ 76-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

痛々しい自意識過剰、空回る都会への憧れ、思い通りにいかない初恋。思春期の苦くて甘い心情を鮮やかに描き出す四篇の連作短編集。プルースト効果という言葉を教えてくれた男の子との初恋、仲良くなった文芸部の女の子との関係、仲良くなった友達と気になる彼のエピソード、そして帰省の新幹線で出会った彼との関係。大人になる過程の多感な少女たちが出会う友人たちとの関係や淡い恋模様の繊細な描写に心揺さぶられて、著者さんの書いた物語をまた読んでみたくなる印象的な一冊でした。個人的には「プルースト効果の実験と結果」が良かったですね。

2022/02/08

ソラ

表紙とタイトルに魅かれて購入。ストレートすぎる青春ものじゃなく(それだと自分には糖分が多すぎる)、少し離れてる感が良い。

2022/04/09

こばゆみ

とても良かった。基本的に色恋沙汰の短編集なのだけど、とにかく登場人物が個性的。そして解説の方がまず表紙の写真について語っているのも何か良かった(笑)。

2022/03/24

うさぎや

短編集。表紙の写真のように、みんな、どこかへ落ちてゆく。

2022/02/24

JUN

人を愛することを美化した作品。

2022/02/13

感想・レビューをもっと見る