読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おまえの罪を自白しろ (文春文庫 し 35-10)

おまえの罪を自白しろ (文春文庫 し 35-10)

おまえの罪を自白しろ (文春文庫 し 35-10)

作家
真保裕一
出版社
文藝春秋
発売日
2022-05-10
ISBN
9784167918736
amazonで購入する

おまえの罪を自白しろ (文春文庫 し 35-10) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

じいじ

5・6年前に『ホワイトアウト』で昂奮して、つづけざまに何冊か貪り読んだ。先日、コロナ禍の店頭で目にした、真保さん新刊を急遽読んでみたくなった。当時の作品よりカドが取れて丸くなった感はあるが、迫力ある面白さは変わらず凄い。「大物政治家の3歳の孫娘が誘拐される」という誘拐モノ。本音と建て前を巧妙に使い分ける、政治家の表と裏の顔が鮮明に描き出されている。メディアと有権者は、選挙時の風向きでコロッと態度を変えるのは真実だし、政治家にとっては怖いところであろう。またまた真保小説の面白さに落ち入りそうだ。

2022/06/08

カブ

久しぶりの真保裕一作品。代議士の孫が誘拐され、犯人の要求は「記者会見で、すべて罪を告白しろ」というもの。犯人の目的は?人質の命は?身代金受け取りの場面はないけど、ハラハラ、ドキドキする展開で面白かった。

2022/08/12

オヤニラミ

ベテラン衆議院議員・宇田清治郎の孫娘が誘拐される。犯人は匿名化ソフトを駆使し清治郎のウェブサイトに「記者会見でお前の罪を自白しろ」と金銭ではない要求を突きつけてくる。物語は捜査が中々進まない警察組織と政治家一族の奔走が交互に描かれる展開。政治家の裏事情とそれぞれの思惑も見て取れ、犯人は組織的な陰謀かと勘ぐったが…そうでしたか!?大きな展開の割に意外な犯人が、しかも次男の新米秘書・晄司の読みから暴かれていくよもやの収束でした。

2022/05/18

ryo

政治ミステリ。政治家の心理戦は面白い!ドラマ化したら面白そうだなー

2022/11/28

terukravitz

★★★☆☆

2022/04/30

感想・レビューをもっと見る