読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シネマ・コミック6 おもひでぽろぽろ (文春ジブリ文庫)

シネマ・コミック6 おもひでぽろぽろ (文春ジブリ文庫)

シネマ・コミック6 おもひでぽろぽろ (文春ジブリ文庫)

作家
岡本螢
刀根夕子
高畑勲
出版社
文藝春秋
発売日
2014-04-10
ISBN
9784168121050
amazonで購入する Kindle版を購入する

シネマ・コミック6 おもひでぽろぽろ (文春ジブリ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

松本人志そっくりおじさん・寺JP

私はジブリのアニメ映画の大半を観ていない。あれほど毎年日テレが『金曜ロードショー』で流すのに観ていない。私は一体いままでの金曜をどのように過ごしていたのか考えさせられる。アニメがこんな漫画文庫になっているので読んでみた。『おもひでぽろぽろ』、確か柳葉敏郎と今井美樹が声の出演だったと思うが、そのせいか登場人物が二人に顔が似ていて、やたら笑顔がうるさい。笑顔をリアルに描く為、ほうれい線がやたら出てきて、その都度若者が老いて見える。リアルと創作の葛藤のほうれい線である。話は面白く感じながら読めた。さすが高畑勲。

2019/03/13

魔女のキキ

再読。東京のOLのタエ子が小学5年の思い出とともに憧れの田舎で過ごす。子供の時の何気ない思い出の話も楽しいけど大人になってからのトシオとの日々の方が好きかな。

2020/07/08

ぴっちゃん

わらび座のミュージカルを去年2月に観て。アニメは観てなくて、ミュージカルでは時があっちこっちにさまようことや、人間関係などわかり辛い部分があったので、この本を買ってみました。ミュージカルを見たのがもう2年近くも前ですから、記憶の補完というより別物として読みましたが、わかり辛かったところもすっきりしてよかったです。アニメも見たくなったし、原作コミックも読みたくなりました。

2015/11/15

まゆっち

映画はテレビで見ていたけれど、ところどころ忘れていたのでいろいろ思い出しながら読みました。時系列があっちこっちして頭が混乱しがちですが・・・。親世代は懐かしいみたいですねー。

2015/09/30

太田康裕

高畑勲監督が亡くなった報に触れ。 この映画を見たのは小学生の頃だっただろうか? 「理解出来ない」という印象しか残ってなくて、結局以降1度も見直さなかった。 それから20年以上過ぎてアニメコミックではあるが、物語に触れるとその凄さに改めて驚いた。 少し難しいのだけれど、ラストシーン含めこういう「アニメ」を作り出した才能に気づかなかった自分を恥じ、そしてその監督が居なくなった事実を寂しく思う。

2018/04/08

感想・レビューをもっと見る