読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シネマ・コミック13 ハウルの動く城 (文春ジブリ文庫)

シネマ・コミック13 ハウルの動く城 (文春ジブリ文庫)

シネマ・コミック13 ハウルの動く城 (文春ジブリ文庫)

作家
宮崎駿
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
出版社
文藝春秋
発売日
2019-01-04
ISBN
9784168121128
amazonで購入する Kindle版を購入する

シネマ・コミック13 ハウルの動く城 (文春ジブリ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あーさん★最近睡眠時間が3時間ですよ(¯―¯٥)

ハウル〜!

2019/05/31

貧家ピー

ジブリ作品の中でも興行成績が高い作品。しかし、難解。エゴの塊のハウルと自己肯定感の低いソフィーの冒険譚。

2021/05/01

参謀

宮崎駿監督作品の中でも嫌いな作品。声優問題もありますが、それ以上にこの作品で何を伝えたかったのが一番分からないからです。荒地の魔女がソフィーに呪いをかけたのはまだしも、ソフィーがハウルの下に行かなかったら無意味だし、ソフィーがハウルを好きになる動機も弱い。カルシファーとの契約も?細田守氏が監督を降板したことでも知られていますが、この作品を全うするだけでも大変だった事がよくわかる内容だと思います。正直、題材がよくなかったですね。なんか止まれなくなったシステム開発を仕上げ、納品した感じを想起しました。

2019/06/08

魔女のキキ

アニメも好きですがコミック(静止画)だとより細かいところに目がいくのでまた違った楽しみがありました。ジブリのシネマコミックシリーズ好きなのですが少し重いのが難点です。

2019/02/05

感想・レビューをもっと見る