読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ののちゃん (全集2) (Ghibli comics special)

ののちゃん (全集2) (Ghibli comics special)

ののちゃん (全集2) (Ghibli comics special)

作家
いしいひさいち
出版社
徳間書店スタジオジブリ事業本部
発売日
2004-06-01
ISBN
9784197500031
amazonで購入する

ののちゃん (全集2) (Ghibli comics special) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひさたけ

さっちゃんとかナベツネツネオ町内会長とか破壊力あるキャラが登場したり、ののちゃんのクラスメートも新たに追加されたりして更に面白くなってきた。

2020/10/10

ダリア

この頃までは(今に比すると)ののちゃんも勉強していたように思う。あと、絵柄も少し違っているのかしら。絵柄が変化するのは仕方ないと思うけれど。ただし、本巻でもキクチのおばあさんやののちゃんのおばあさんの魅力的なこと。ごみをポイ捨てする青年に、その青年のフードへごみをシュートさせるコントロールの良さと洒落のきいた仕返し。老人会の運動会は平日に。なぜなら、何が起こっても病院が開いているから。翌日、やたら静か。なぜなら、皆が寝込んでいるから。このくだりが面白い。加えてキクチのおばあさんのみ無事。

2018/02/23

印度 洋一郎

1992年2月から2000年11月までを収録。藤原先生のダークな面が段々出てくるし、キクチ食堂のおばあちゃんも確信犯的マイペース。そして、むっつりしていてエクストリームなののちゃんの従妹サッちゃん、バカヤロバカヤロのナベツネ町内会長、出てくるとかえって物事が解決しない校内探偵のミヤベくん等新キャラも登場している。

2016/06/18

ダリア

再読。彷徨えるダイエットウォーカーの話。夏の怪談っぽいが、飽きっぽい為、町内のあちこちにダイエットウォーカーが回っているとのこと。山田家に来たばかりの時は、どこにしまうのか聞かれる始末。飽きる前提って。鈴木くんのおじさんが八百屋からコンビニに転職する話。このおじさんキャラは、外見的にどこかに居そうな感じ。この巻では、広岡先生の閑古鳥病院ネタが多い。

2018/11/18

hibimoriSitaro

1999年2月から2000年11月まで。ミヤベくん登場。「冷房病で死んだ方がマシや」。

2013/10/20

感想・レビューをもっと見る