読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゲド戦記―TALES from EARTHSEA (1) (アニメージュコミックススペシャル―フィルム・コミック)

ゲド戦記―TALES from EARTHSEA (1) (アニメージュコミックススペシャル―フィルム・コミック)

ゲド戦記―TALES from EARTHSEA (1) (アニメージュコミックススペシャル―フィルム・コミック)

作家
宮崎吾朗
アーシュラ・K・ル=グウィン
アニメージュ編集部
Ursula K. Le Guin
出版社
徳間書店
発売日
2006-08-08
ISBN
9784197701339
amazonで購入する

ゲド戦記―TALES from EARTHSEA (1) (アニメージュコミックススペシャル―フィルム・コミック) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

兵士O

宮崎吾朗版のゲド戦記は、僕の中では確かに完成度は悪いかもしれないが、部分的には父の駿以上に好きな作品なんです。1巻目のアレンとハイタカが峠を越えて街を望むシーンは圧巻ですし、このシーンだけでも一枚の絵になると思います。惜しむらくは、ラピュタとかトトロの駿監督のイキイキとしたキャラクターの表情が、この作品には全く欠けている所です。この吾朗監督の作品の中に出てくる様々なキャラクターはすべてが真面目で、それがキャラクターの精彩が欠けている原因だと思います。でも、この本でまた僕の下手な絵も磨きたいと思っています。

2018/08/22

感想・レビューをもっと見る