読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

電脳コイル 4 (トクマ・ノベルズEdge)

電脳コイル 4 (トクマ・ノベルズEdge)

電脳コイル 4 (トクマ・ノベルズEdge)

作家
宮村優子
押山 清高
磯光雄
出版社
徳間書店
発売日
2008-04-16
ISBN
9784198507688
amazonで購入する

電脳コイル 4 (トクマ・ノベルズEdge) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

都市伝説としてのミチコさんの話が、怖すぎます…。次の展開はどうなるのだろうとわくわくしながら、一気読みしました。「誰もサッチーのことを愛さない」とタマコが思うシーンでは、きゅんと切なくなりました。私は好きだよ、サッチー。よしよし。

2013/01/27

tubox

マイコ先生がとてもいい。「だから、転ばないと」 …そしてマリリンマリーンとは何者なんだろう。

2011/01/19

たけぽん

アニメではかなり脇役だったガチャギリ、ナメッチにも存在感が出ていて良い。夏休み・合宿・夜の校舎・肝試しという普遍的な舞台でこの物語でしか読めないだろう核心部分が見え始める。

2010/03/04

まつだ

「冒険なんかじゃぼくたちは変わらない」

2016/07/05

earlgray

だから転ばないと

2010/08/18

感想・レビューをもっと見る