読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

電脳コイル 12 (トクマ・ノベルズEdge)

電脳コイル 12 (トクマ・ノベルズEdge)

電脳コイル 12 (トクマ・ノベルズEdge)

作家
宮村優子
磯光雄
出版社
徳間書店
発売日
2010-07-31
ISBN
9784198508647
amazonで購入する

電脳コイル 12 (トクマ・ノベルズEdge) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょび太郎

イサコとヤサコの対戦は必要とはいえ、切ないものがあった。次、おわってしまうのかと残念。

2011/07/15

ひろえいおう

毎回楽しみに読んでいましたが、終わってしまった。もう一度いっきに再読してみたい。 小学6年生・・・子供から大人になるお年頃、息子が6年生なので、この本の子供たちの様に思いっきり冒険してほしい。

2011/05/07

kasai

初期頃のような空気を醸しつつ、あの頃とは明確に違うみんなの立ち位置が少し寂しい感じがした。そしてヤサコとイサコの避けられない戦いというか、あえてぶつかることしかできない二人がとても愛しかった。残すは1冊、この世界がどうなるか楽しみにしています。

2010/08/31

Miki Shimizu

図書館本。黄色いリボンのショートカットがヤサコかなー。なんか、小学生が暴徒化して、電脳グッズやさんを襲撃しまくるとか、怖すぎる。これ、ちょっと悪ふざけじゃなくて、刑事事件ですやん。

2018/09/30

風見鶏

久しぶりの電脳コイル。この人は相変わらず演出がうまい。描写・構成もそうだけど、シーンごとの雰囲気とか、思い浮かばせる映像に独特の空気がある。子供たちの成長や心情の動きは、ライトノベルより、児童書に近いものだと思う。そしてそんな電脳コイルがいよいよクライマックス。次巻にも期待。

2011/02/22

感想・レビューをもっと見る