読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

第二楽章: ヒロシマの風 長崎から (ジブリ)

第二楽章: ヒロシマの風 長崎から (ジブリ)

第二楽章: ヒロシマの風 長崎から (ジブリ)

作家
吉永小百合
男鹿和雄
出版社
徳間書店
発売日
2015-07-08
ISBN
9784198639846
amazonで購入する

第二楽章: ヒロシマの風 長崎から (ジブリ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ましろ

何とスタジオジブリから発行されていた。吉永小百合朗読CDの絵本化。広島、長崎の原爆の詩が合わせて25編。とても有名なのから今回初めて読むものもあったが何回もページを捲る手が止まってしまった。こんな事が2度とあってはならないと何度も思う。「となりのトトロ」「火垂るの墓」など美術監督で有名な男鹿和雄さんのイラストが本当に美しくて美しくて。詩の内容との差に締め付けられる思いで読みました。日本人皆に読んで貰いたい。

2015/08/03

被爆地広島と長崎の残酷な光景が浮かんでくる詩、お話でした。 目の前で兄弟や親が死んでしまうのを助けることが出来ない、生き残っても何日かして死んでしまう、子を失った親、親を失った子、全ての被爆者の方々の心身の傷はいつまでも癒えないことを思い知らされました。

2016/01/10

ヒラP@ehon.gohon

吉永小百合さんがライフワークのように、朗読を続けている原爆の話が、男鹿和雄さんの絵と相まって、静かに奥深く響いて来ました。 「第二楽章」のタイトルのように、激しい怒りではなく、切々とした哀しみでまとめられた本ですが、納められている作品は、それぞれに痛烈です。 初めてアメリカ大統領が広島を訪れようとしている今、日本人として若い世代に引き継ぎたい本だと思います。

2016/05/11

katsubek

絵が美しいので購入。読んでまた、感動。また広島や長崎を訪れたくなった。

2016/06/09

ひろりん

図書館。 戦争って本当に嫌だなと思います。 長崎、広島のことを詩とイラストでつづってありました。当時のことをもっと詳しく知りたいです。 辛いし苦しいけど目をそむけちゃいけない。

2016/03/31

感想・レビューをもっと見る