読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シネマの神は細部に宿る

シネマの神は細部に宿る

シネマの神は細部に宿る

作家
押井守
出版社
東京ニュース通信社
発売日
2018-08-08
ISBN
9784198646776
amazonで購入する

シネマの神は細部に宿る / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

oldman獺祭魚翁

書店で表紙を見て即買いした一冊。押井守監督の好きな映画に対するこだわりが溢れたインタビュー集。犬ならバセット・ハウンド 拳銃はモーゼルC96 男優はウォルター・マッソー 好みが合いすぎです。色々な映画に対する押井監督の鬼姑の様なこだわりが「細部に宿る」楽しい本です。個人的には別に押井ファンではない僕ですが、こだわる部分があまりにも合うので読んでいてウンウンとうなずきまくりです。アハッTSUTAYA行ってこようっとε=(ノ・∀・)ツ

2018/08/29

ぐうぐう

映画評とは違う。好きな映画に関するエッセイでもない。ここで語られているのはタイトルにもある通り、細部へのこだわりだ。フェティッシュという視点による映画愛。フェティッシュなのだから、相手を屈服させる論理をそもそも必要としない点でとても清々しさを覚える。つまりは、愛なのだ。それに加え、聞き手が渡辺麻紀なので、押井守はすごく上機嫌に話している。映画の見方がまるで違う二人だが、それこそ映画愛で繋がっているからこそ気が合うのだ(『誰も語らなかったジブリを語ろう』の夫婦漫才のような掛け合いが記憶に新しい)。(つづく)

2018/08/28

garth

コロンボへの理不尽な憎しみに大いに笑った。「僕が思うに、まず愛犬家じゃない。コロンボは、自分がいい人、穏やかな人であるとアピールしたいがためにバセットを連れている」

2018/09/11

スプリント

視点が独特かつ細部に深く切り込んでいて面白いです。 取り上げられた映画で興味を引いたものが何本もありました。

2019/12/29

pen

「あの弁当の付け合わせの唐揚げ、味染みてて美味いよね」的な感じで様々な映画に登場する動物、モンスター、兵器etc をカテゴリ毎に語った一冊。どれくらい見事なのかを真面目に分析した内容に頷きつつ、映画ライター渡辺麻紀氏との漫才のような対談に笑う。

2018/08/11

感想・レビューをもっと見る