読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スクエア: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書)

スクエア: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書)

スクエア: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書)

作家
今野敏
出版社
徳間書店
発売日
2019-02-08
ISBN
9784198647711
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

神奈川県警みなとみらい署刑事組対課暴力犯対策係係長「ハマの用心棒」こと諸橋のもとを県警本部監察官の笹本が訪ねてきた。県警本部長が諸橋、そして相棒の城島との面会を希望しているという。横浜・山手の廃屋で、中国人の遺体が発見された。被害者は中華街で一財産を築いたが、三年前から消息不明だった。事件の背後に暴力団関与の疑いがあると判断した本部長の要請で、所轄外ながら捜査に加わることになった諸橋と城島だが――。

スクエア: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

久しぶりのみなとみらい署暴対係!読み始めた瞬間に「ハマの用心棒」諸橋・城島コンビに再会した。しかも今回は笹本監察官も加わりトリオで県警本部長の特命で捜査する。この本部長がなかなか面白い人物だったし、捜査二課課長もデキるキャリアだった。「神風会」神野組長はいつものままで、やっぱりこのシリーズは面白い!今野作家著作200冊目記念作品という事で「おめでとうございます!」

2019/03/06

starbro

今野 敏は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者200作記念作品、ここ数年前に読み始めたのと、著者は多作のため、私は30/200です。 http://www.age.ne.jp/x/b-konno/index.htm 横浜みなとみらい署暴対係シリーズも読み続けています。最近旬の地面師をテーマにする作家が増えていますね。 絶品のフカヒレあんかけ炒飯とは、こちらでしょうか? http://omezafan.blog.fc2.com/blog-entry-1658.html

2019/02/28

GAKU

暴力団の間で「ハマの用心棒」と呼ばれ怖れられている、諸橋警部率いる横浜みなとみらい署暴対係シリーズの第5作。好きなシリーズなのですが、個人的には5作目ともなるとちょっと面白さも半減?という感じでした。

2019/03/18

あや

みなとみらい署暴対係シリーズ。安定の面白さでした。地面師とはタイムリーな話題ですごいなと思いました。

2019/02/25

海の仙人

図書館の新刊コーナーにポツンと立っていた。みなとみらい署シリーズは初読み。今野さんの本は会話が中心で物語の展開も早く,アッという間に読了。登場人物が全体的に大人しく,個性がもっと際立っていてクセがあるとさらに面白い物語になるような感じでした。

2019/03/11

感想・レビューをもっと見る