読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

月とコーヒー (文芸書)

月とコーヒー (文芸書)

月とコーヒー (文芸書)

作家
吉田篤弘
出版社
徳間書店
発売日
2019-02-26
ISBN
9784198647728
amazonで購入する

月とコーヒー (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あや

24のお話がおさめられた短編集。 作者があとがきで書いているように、一日の終わりの寝しなに読むにふさわしい物語でした。

2019/04/09

みどどどーーーん(みどり虫)

何日もかけて、寝る前に数編ずつ読んだ。そしてそのお話の続きを、その景色や人を、想像しながら眠りに落ちるのが楽しくてしあわせで。そしたらあとがきに、そういうふうに読んで欲しくて書いたというような事が書かれていて「やっぱり!」って嬉しくなった。おしまいのお話「ヒイラギの青空」で、ヒイラギさんが「僕はこういう町が愛おしい」って言っているけれど、私もこういう本が愛おしい。この本の中の町や人が愛おしい。とても好き。

2021/10/28

mariya926

不思議な物語りたちでした。寝る前に読んで欲しい24の短編集でしたが、続きが気になる内容です。あとがきであったように「太陽とパン」が必要だけど「月とコーヒー」がないと物足りない感じで、その物足りなさに訴えかけてくるものがあります。「それからはスープのことばかり考えて暮らした」が好きな作家さんです。一番心に残っているのが「青いインク」です。唯一続いている物語で、最後に上手いこと着地しました。

2020/02/02

❁かな❁

一日の終わりに読むお話として原稿用紙およそ10枚ほどに書かれた短いお話たち。どのお話も語られ過ぎることなく読者それぞれがその後に思いを巡らせながらいつの間にか眠りにつけるようになっている♬吉田さんならではの空気感にとても癒される♡装画も挿絵もシンプルで可愛くてセンスがいい♪24編入り。特にお気に入りのお話は「青いインク」「鳴らないオルゴール」。「ページをひらけば、すぐに別の世界があらわれ、ページを閉じれば、こちらの世界の音や匂いが戻ってくる」本当にそうだなぁ。『月とコーヒー』ってタイトルもぴったり♡

2019/09/29

まさ

24編の短編集。短い話なのにすぐに各話に引き込まれます。そして、表題から想像したとおり、静かで程よい余韻に浸ることができました。絵本で感じる世界に近いかな。吉田さんの描く各話の挿絵も良い。毎晩少しずつ読み、1日の終わりを楽しみました。

2019/08/05

感想・レビューをもっと見る