読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私たちはどう働くべきか

私たちはどう働くべきか

私たちはどう働くべきか

作家
池上彰
出版社
徳間書店
発売日
2020-10-30
ISBN
9784198651787
amazonで購入する Kindle版を購入する

私たちはどう働くべきか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

リモートワークが進むと勤務態度の把握が難しくなることから成果主義に傾く。仕事とプライベートが渾然一体になりそう。子供の頃に描いた夢は直接かなわなかったとしても人生のどこかで間接的に実現することもある、だから夢を大事にしてっていいメッセージだなぁと思った。

2021/04/30

Nazolove

色んな働き方が今あるんだな、というのが率直に思ったことであった。 ただ一つだけ思ったのは日本人って今まで余裕のない働き方ばっかりしてたので令和になったのをきっかけにちょっとくらいゆっくりした働き方をしても良いんではないかな、と思った。今までバイトだからダメ、正社員だから良いっていうのはもう過去の話なのかな、と学んだことであった。 このコロナきっかけでこれだけ変わったのでコロナ禍がなくなってもこういう余裕ある働き方は続いていけば良いなと思った。(自分サービス業界だから関係ないけど(笑))

2021/01/14

mintia

池上さんの本は何冊も読んでいるんですが、それでも初めて知ることがたくさんあった。起業にかかるコストが減っているみたいなので、サラリーマンをやりながら週末起業とかできたらいいな。

2021/04/16

ニョンブーチョッパー

★★★★★ 中学生向けの公開授業が本になったもの。コロナ禍の今現在の働き方について分かりやすく解説されている。大人が読んでも働くことの整理に役立つ。字が大きめで1ページ内の文字数も少ないので、中学生くらいの若い世代が読むのにちょうど良さそう。東レ製の主翼がボーイングに使われている結果起きていることとか豆知識もお得。

2021/03/21

めるみ

池上彰さんの本なので、読みやすい本だった。 これから、どう働こうか考えるきっかけとなった。 ①働きすぎず、無駄を省き早く切り上げる。②あいさつのある明るい職場を目指す。③人に喜んでもらえる、感謝される、自己実現のための働き方を目指す! 補足:働き方改革が叫ばれたのは 人手不足→海外移民は嫌だ→主婦と高齢者も働き手に参加させよう→男性の仕事時間を短くてして介護子育てにも参加してもらおう! という流れがあったのだな。

2021/02/04

感想・レビューをもっと見る