読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

一橋桐子(76)の犯罪日記 (文芸書)

一橋桐子(76)の犯罪日記 (文芸書)

一橋桐子(76)の犯罪日記 (文芸書)

作家
原田ひ香
出版社
徳間書店
発売日
2020-11-10
ISBN
9784198651886
amazonで購入する Kindle版を購入する

「一橋桐子(76)の犯罪日記 (文芸書)」の関連記事

ダ・ヴィンチニュース編集部 ひとり1冊! 今月の推し本【12月編】

 ダ・ヴィンチニュース編集部メンバーが、“イマ”読んでほしい本を月にひとり1冊おすすめする新企画「今月の推し本」。  良本をみなさんと分かち合いたい! という、熱量の高いブックレビューをお届けします。

2020年に贈られた1冊『しろいうさぎとくろいうさぎ』が体温並みにあたたかい 『しろいうさぎとくろいうさぎ』(ガース・ウイリアムズ:著・イラスト、まつおかきょうこ :翻訳/福音館書店) 「絵本」は大人になってからの方が自分にとって意味合いを帯びたような気がする。それはヨシタケシンスケさんの影響も大きい。私たちは大人ぶって気づかないふりをして色んな感情に蓋をして過ごしているのだと思う。そんなだから、身の回りの小さな疑問に着眼し、自由に考える余地を与えてくれるヨシタケ作品に触れると、すーっと視界がひらけるような感覚になる。絵本はとても懐が深いなと思う。

『しろいうさぎとくろいうさぎ』(ガース・ウイリアムズ:著・イラスト、まつおかきょうこ:翻訳/福音館書店)は、どのページを開いても素敵なのである。森で暮らす2匹のうさぎ。心に願いを秘めながら、白うさぎに対して…

2020/12/25

全文を読む

関連記事をもっと見る

一橋桐子(76)の犯罪日記 (文芸書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

原田 ひ香は、新作中心に読んでいる作家です。本書は、著者の新境地でしょうか、下流老人犯罪スレスレ連作短編集の佳作でした。これからこういう思考をする下流老人が増殖するかも知れません。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000303.000016935.html

2020/12/19

ウッディ

同居していた親友を亡くし、経済的にも苦しく、将来に不安を感じる76歳の桐子さんは、刑務所に入れば生活の不安から解放されると思い立つ。「人に迷惑をかけず、できるだけ長く刑務所に入れる」犯罪はないかと考えるあたりが、人が良く、真面目な桐子さんらしく、共感します。高齢化が進み、年金や財産が少ない孤独な老人の中には、刑務所の中にいる方が幸せと感じる人いてもおかしくない。けれど、まっとうな人生を歩んで来た人には、手を差し伸べる人がいる、そう信じさせてくれるハートウォーミングな物語でした。面白かったです。

2021/06/12

fwhd8325

そこそこシリアスで、そこそこユーモアがあって、とても面白かったです。現実にもこのような話を聞いたことがありますが、原田さんの作品は、みなさんいい人で救われます。一生懸命、真面目に生きていれば、きっと報われる。そんな思いを強くしました。

2020/12/15

R

現代のお一人様の老後といった感じだろうか、身寄りのない身の上で、シェアしていた同じくらいの年齢の女性が亡くなった。その後の寂しさ、生きる意味、そもそも生きていくことが辛くなっていく、それも経済的に。それを打開するために犯罪に手を染めて、出来るだけ長く刑務所にいよう。そのためにあれこれと、画策しようとするけども、生来の真面目さがある意味邪魔をしていたり、でもそれによって、ある種救われたりと、読んでいて気持ちのよい物語だった。しかし、おひとりさまの老後については、身につまされるものがあるわ。

2021/04/13

のぶ

老人女性の悲哀をコミカルに描いていて面白かった。主人公の一橋桐子は夫の死をきっかけに高校からの友人トモと一緒に暮らしていたが、わずか3年でトモは死去。孤独な世界に放り出されることとなってしまう。罪を犯して刑務所に入れば、衣食住の心配はなし、おまけに介護もしてくれるという報道を見て、そんな生活に憧れるようになる。どんな犯罪でどれぐらい刑務所に入れるか調べ始めるが、実際に行動に起こすことはない。ユーモラスな文章だが、現在の老人問題を提示されているようで、単に笑えないなとも思わせる作品だった。

2020/12/27

感想・レビューをもっと見る