読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解

PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解

PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解

作家
藤森慎吾
出版社
徳間書店
発売日
2021-01-27
ISBN
9784198652036
amazonで購入する Kindle版を購入する

「PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解」の関連記事

オリラジ藤森流メンタルの武勇伝! ①ムダな努力はしない②ほめて懐に甘える……人間関係もうまく行く“プライドレス”のすすめ

 昨年末に約16年間所属した吉本興業を退社、独立して新たな一歩を踏み出したオリエンタルラジオの藤森慎吾さん。先日上梓した初の著書『PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解』(藤森慎吾/徳間書店)は、早くも書店からのサイン本完売報告が届く今話題の一冊。書かれているのは、山あり谷ありな芸人人生における挫折や葛藤を越えて得てきたメンタルの武勇伝的な生き方論。今や芸人の枠を超えてドラマやミュージカル、YouTubeからオンラインサロン運営まで、活躍の場を加速度的に広げる藤森さんが提案する“プライドレスな生き方”について直撃しました。

ものごとはなんでも“その道のプロ”に任せて正解 『PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解』(藤森慎吾/徳間書店)

――藤森さんのツイートへのリプライや感想ブログなど、『PRIDELESS』を読んだ人の共感コメントをネットでいくつも拝見しました。

藤森 素直にうれしいです。相方からも「やさしくて素直ないい本だよ。泣いちゃったよ」って連絡をもらえて、ああよかったなと。母親からはですね、発売日の次の日に「買っ…

2021/3/3

全文を読む

関連記事をもっと見る

PRIDELESS(プライドレス) 受け入れるが正解 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

新刊。何冊も著書を出している相方あっちゃんとは対照的に、藤森慎吾さんは初の自伝的著書。オリラジは本当に正反対の2人だからこそ思いっきりぶつかりもし、お互いが尊敬し合ってきたんだなということが伝わってくる。あっちゃんの芸人前夜や天才の証明でも、自分と正反対の慎吾の才能への少しの嫉妬と純粋な尊敬が伺えた。そういう意味ではこの2冊へのアンサー本でもあるかも。自分なんてなくていいよ、プライドなんていらないよということがスッと胸に入ってきます。(ただ…わたしの超個人的感想ですが、文章がうますぎてゴースト感が凄い…)

2021/02/03

ミライ

オリエンタルラジオの藤森慎吾さんが、これまでの人生を通して学んだ思考を解説した一冊。内容は藤森さんの幼少期~大学時代に中田敦彦さんとお笑いコンビを結成~お笑い芸人としてブレイクして一時期落ち込み、そこから再起するまでの自伝的内容と併せて、藤森さん流の超プラス思考と人間関係の攻略法について語られる。王様のブランチでの(自分をあまり前に出さずに)周りを立てる立ち位置が凄いなと思って見ていたが、この本を読んで納得した。

2021/02/06

かおりん

武勇伝の頃のオリラジは好きだった。「あっちゃん、かっこいい」はわざとらしいと思ってたけど、本当に称賛していたとは!チャラ男キャラもおもしろかったし、あっちゃんよりは好印象。正反対の二人だったから成功し、挫折や対立もしたけど今がある。様々なことに手を出し失敗の中からプライドレスな生き方を見つけた。気配りと人を悪く言わないという信念が素晴らしい。次長課長の河本は藤森にとっては救世主で、生来のお調子者を最大限活かして多くの人脈を得た。周りに頼って自分を浮上させるのもアリ。自己啓発本としても良書。

2021/06/19

でら

「はじめに」の部分にこの方の全てが詰まっていると思います。よくある自己啓発本では、自分に勝つとか、己を強く持てとかエネルギッシュなものが多いですが、藤森さんのプライドレスはエネルギーこそあるもののそのベクトルが他とは違う気がしています。真っ白い表紙に笑顔の藤森さん。これがこの方、この本の強い意思表示だと感じました。彼のような人は多分自分を含めてたくさんいると思うので、この本の言葉が多くの人に広まるといいなと思いました。

2021/04/11

☆HIRO☆

吉本を退社してYouTube、オンラインサロンにますます力を入れていく中、相変わらずテレビの露出もされていて言わば芸能人として確固たる地位を築いているとも言える彼の書籍。チャラ男を徹底して周りに媚びている印象が元々強く書籍を拝読してもその印象が変わることはなかった。しかし、周りファーストの考え方や褒めることを重視している芸風や立ち振舞いなど見習いたい点が多かった。題名にも記されているようにプライドレスな生き方で自分も他者も幸せになれると感じた。

2021/02/12

感想・レビューをもっと見る